• Negiccoヒストリー Road to BUDOKAN 2003-2011
  • 子猫マニアックス
  • 吉田豪の"最狂"全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集
  • 美文字はあきらめなさい
  • 持ち歩き 脳活ドリルプラス vol.2
  • お知らせはありません

書籍・ムック

書籍・ムック

トゥルー・カラーズ シンディ・ローパー自伝 トゥルー・カラーズ
シンディ・ローパー自伝
シンディ・ローパー&ジェンシー・ダン・著
沼崎敦子・翻訳
湯川れい子・解説

定価:本体1,905円+税
ISBN:978-4861919619
A5判/450~480P(予定)
発売日:2013年3月11日






【内容紹介】
2012年9月、全米で発売された、待望の「シンディ・ローパー自伝」の日本版翻訳権を白夜書房で獲得、2013年3月11日に発売いたします。

「わたしは17で家を出た。持っていったのは歯ブラシ、替えの下着、リンゴ、そして『グレープフルーツ』というオノ・ヨーコの本だけ。『グレープフルーツ』はわたしにとって、芸術を通じて人生を見るための窓になっていた」という書き出しで始まるシンディ・ローパーの自伝。

何度も来日し、震災直後にはあえて帰国せずにツアーをおこなうなど、日本との関わりが深い彼女は、この本の後半部分で3.11の時の思い出をふり返っています。

それ以外の部分は、もちろんミュージシャンとしての自伝で、少女時代~17歳での家出~さまざまな職業遍歴~バンド、ブルー・エンジェルでのデビュー~バンドの解散、不遇時代~マネージャー兼恋人、デイヴィッド・ウルフとの出会い~《She’s So Unusual》での再デビュー~80年代を代表する女性シンガーに~その後のスランプとウルフとの別れ~より地に足の着いた活動ができるようになった 90年代~俳優、デイヴィッド・ソーントンとの結婚、出産etc.が、彼女らしい、率直な筆致で綴られています。

日本でもかなりキャラクターが浸透している彼女ですが、この本は、決してそうしたイメージを裏切るものではありません。音楽書であることはもちろん、一般書として考えても、最近の数多いミュージシャンの自伝中でも、一際、インパクトのある自伝になっています。

尚、この日本翻訳版は、小社の「白夜基金」の一環として刊行されるもので、収益の一部は、日本赤十字を通じて、被災地復興に寄付されることになっています。


もっと見る

Negiccoヒストリー Road to BUDOKAN 2003-2011

Negiccoヒストリー
Road to BUDOKAN
2003-2011

定価:本体1,389円+税

白夜ムック561 『子猫マニアックス』

VB(VOICE BRODY)

白夜ムック562

定価:本体1389円+税

白夜ムック561 『子猫マニアックス』

子猫マニアックス

白夜ムック561

定価:本体680円+税

吉田豪の

吉田豪の"最狂"全女伝説
女子プロレスラー・
インタビュー集

吉田 豪・著

定価:本体1,574円+税