• Negiccoヒストリー Road to BUDOKAN 2003-2011
  • 子猫マニアックス
  • 吉田豪の"最狂"全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集
  • 美文字はあきらめなさい
  • 持ち歩き 脳活ドリルプラス vol.2
  • お知らせはありません

最新情報

最新情報

ニール・ヤング自伝 特設ページ

急告!

全世界が熱望した、ニール・ヤング自伝、2012年秋、白夜書房より、日本版刊行決定!
孤高のロッカー、ニール・ヤングが書き尽くした、その人生、音楽、世界のすべて!がここにある。


このページで順次、情報(発売日、事前予約、関連イベント等)をお知らせします。


ニール・ヤング自伝II

ニール・ヤング自伝

<お知らせ> 2012/12/3更新
「ニール・ヤング自伝の事前予約可能ネット書店一覧を掲載しました。こちらからご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各メディアから大絶賛の、待望のⅡ巻、2013年1月25日、遂に刊行!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年9月25日に発売になった、ニール・ヤング自伝の原書「Waging Heavy Peace」の英語版の一ヵ月後の各誌の書評一覧をまとめてみました。こちらよりご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本の雑誌2012年11月号(10/10発売)に、奇跡の、ニール・ヤング会見記」が掲載されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ニール・ヤング自伝Ⅰ」の目次が公開になりましたこちらからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニール・ヤング自伝の原書「Waging Heavy Peace」が全米、カナダで9/25に発売になりましたが、アマゾンUSA、アマゾンCANADAいずれも、音楽、ロック、自叙伝のジャンルではいずれも初登場1位で、本のオールジャンル総合では、USA16位、CANADA3位の高位置にランクインしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/2発売の「ニール・ヤング自伝Ⅰ」の日本版の表紙が正式決定しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニール・ヤング自伝の発売日等が決定しました。2巻本での刊行で、「ニール・ヤング自伝 I」は2012年11月2日発売です。事前予約については、こちらの各ネット書店一覧をご利用下さい。尚、2巻目「ニール・ヤング自伝 II」の発売日については、Ⅰの発売日に告知します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レコード・コレクターズ2012年8月号(7/14発売)に、ニール・ヤング自伝、及びブックエキスポでのパティ・スミスとの講演のレポートが掲載されました。
http://musicmagazine.jp/rc/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年6月6日、BEA(bookexpoamerica)でのニール・ヤングとパティ・スミスのセッション動画が届きました!こちらからご覧ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CD等についての情報は下記のワーナーミュージックのサイトにアクセスして下さい。
http://wmg.jp/artist/neilyoung/



以下は、原書発売元、ペンギンUSAのカタログに掲載された内容紹介です(禁無断転載)。

WAGING HEAVY PEACE
A Memoir
ニール・ヤング

今年、もっとも待望の回想録――
ニール・ヤング自身が物語る彼の人生と時代。

ニール・ヤングは過去40年間のロック史とポップ・カルチャー全般において、独自の地位を占めてきた男だ。60年代のバッファロー・スプリングフィールド時代、《アフター・ザ!・ゴールド・ラッシュ》《ハーヴェスト》などの画期的なソロ・アルバム、クロスビー・スティルス&ナッシュとレコーディングした大ヒット作の数々をへて、グランジの守護天使として再登場したヤングはつねに、自分の心と頭だけに従う妥協を知らないアーティストを体現してきた。この『WAGING HEAVY PEACE』で、ヤングは私生活と音楽の創造を万華鏡的に描きだす――それは雪深いオンタリオから、1966年、ロスアンジェルスのLSDにまみれた大通り、そして瞑想三昧の日々を送る現在の楽園、ハワイへといたる旅路だ。驚くほどあけすけで、ウィットに富み、アメリカの古典となる定めにある本書は、音楽を愛する人々がずっと待ち望んでいた1冊なのだ。

・ファン、評論家、仲間たちの尊敬を集めるニール・ヤングは、まさにロック界の生ける伝説である。
・彼が自分の人生のすべてを明らかにしたことはかつてなく、今回はじめて、それが彼自身の言葉でつづられる(ゴーストライターは使っていない)。
・40年におよぶキャリアと、34作のスタジオ・アルバム、2度のロックンロール・ホール・オブ・フェイム入り(ソロとして、またバッファロー・スプリングフィールドの一員として)、さらにはライヴ・アクトとしても高い人気を誇るヤングは、同年代のロック・スターたちのあいだでもひときわ抜きんでた存在だ。

回想録の執筆について、ニール・ヤングはこう語る。
「本を書くのはまるで手袋みたいにしっくり来た。とりあえず書きはじめ、そのまま書きつづけていったんだ。親父も屋根裏部屋のおんぼろタイプライターで、同じように書いていた。よく『とにかく書きつづけろ、なにが出てくるとも知れないからな』と言っていたよ」


ニール・ヤングの音楽とソングライティング――それは40年、ロックンロール、フォーク、カントリーを中心に、ブルース、テクノほかのスタイルも採り入れた34作のスタジオ・アルバムにおよぶ――は、長期にわたって高い人気を誇っている。バッファロー・スプリングフィールドの一員だった初期の時代から、ソロ活動、そしてクロスビー・スティルス&ナッシュ、クレイジー・ホースほかの幾多の注目すべきミュージシャンやバンドとのコラボレーションを通じて、ヤングはその音楽的才能と、アーティストとしての誠実さを称賛されてきた。60年代以来、すべての年代で大ヒットを放っているヤングは、2度にわたってロックンロール・ホール・オブ・フェイム入りを果たした(1995年にソロ・アーティストとして、1997年にはバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとして)。熱心な政治活動家、環境保護主義者、慈善家としても名高いヤングはいくつかの運動に関わり、中でもファーム・エイドと、肉体的な障がいやコミュニケーションの問題を抱えた子どもたちを支援するブリッジ・スクールの共同設立者として知られている。

ニール・ヤングへの賛辞
「ヤングは、燃え尽きを避ける唯一の方法は自己の刷新だということを知っているアーティストならではの激情を、一貫して示してきた。それこそ彼が、ロックンロール時代における最重要アーティストの座を守っている理由なのだ」
――エディ・ヴェッダー/パール・ジャム




【更新履歴】

2012年12月3日2012年12月1日
2012年11月5日
2012年11月2日
2012年10月10日2012年10月2日
2012年10月1日

2012年9月12日
2012年7月14日
2012年7月12日
2012年6月21日
2012年6月15日
「ニール・ヤング自伝」の事前予約可能ネット書店一覧を掲載しました。
「ニール・ヤング自伝」の発売日を掲載しました。
原書「Waging Heavy Peace」英語版の
一ヵ月後の各誌の書評一覧を掲載しました
発売告知追加。また「ニール・ヤング自伝II」の発売日について記載しました。
本の雑誌2012年11月号に「奇跡の、ニール・ヤング会見記」が掲載されました。
「ニール・ヤング自伝Ⅰ」の目次が公開になりました。
ニール・ヤング自伝の原書「Waging Heavy Peace」のアマゾンUSA、アマゾンCANADAでのランキングについて記載しました。
11/2発売「ニール・ヤング自伝Ⅰ」日本版の表紙が正式決定しました。
日本版発売日、また各ネット書店での事前予約について記載しました。
レコード・コレクターズでの掲載について記載しました。
BEAでのセッション動画を公開しました。
特設サイトを公開しました。