• Negiccoヒストリー Road to BUDOKAN 2003-2011
  • 子猫マニアックス
  • 吉田豪の"最狂"全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集
  • 美文字はあきらめなさい
  • 持ち歩き 脳活ドリルプラス vol.2

書籍・ムック

書籍・ムック

親孝考 ふるさとのおひとり老母を考える 親孝考
ふるさとのおひとり老母を考える

村田 幸生・著

定価:本体 952円+税
ISBN:978-4-86191-762-2 C0095
    9784861917622
発売日:9月13日(火)









【内容紹介】
「孝(こう)」は、すぐ「行(こう)」できなくても、まず「考(こう)」してから。

ふるさとに親を残して都会で働く中年の子供たち。
親が老い、自分も老いを感じ始めると、おたがいの老後が気になってくる。

親孝行はしたい。けれども離れて暮らしていると実際すぐには行えない。
だから、まずは孝を考えることから始めよう。

「故郷の老いた親を考えることは、自分の人生を考えることでもある」

神戸在住の勤務医であり、ひとりっ子であり、ふるさと土佐のおひとり老母を気にかけている筆者が、医者として高齢者医療の現実を見る眼と、五十歳のひとり息子として孤老の母を見る眼、ふたつの視点で、中高年親子それぞれの老後、医療、介護について、新しい考え方を模索する。

日々の診療で体験した様々な患者さんのエピソード。
義父の闘病を間近に見て初めて分かったいろいろな大切なこと。
高知の「おひとり老母」との土佐弁でのユーモラスな会話。
テーマの重さを感じさせない軽妙な文章が、
「親と自分のこれから」をゆっくり考えさせてくれる。


・離れて独り暮らす親のために子が準備できることは?
・親子とも「おひとり・おひとり」問題
・昔の「親の面倒を見る」は数週間、医療が進んだ今は毎日毎日数年間
・仕事と介護と感謝の気持ち
・親との同居がうまくいくとき、いかないとき
・遠くの親が緊急入院、どうする?
・病気、死はなぜ平等でないのか?
・人生における老後の意味とは?


もっと見る

白夜ムック569 『黒猫マニアックス vol.2』

黒猫マニアックス
vol.2

白夜ムック569

定価:本体1,000円+税

白夜ムック561 『子猫マニアックス』

子猫マニアックス

白夜ムック561

定価:本体680円+税

白夜ムック552 『黒猫マニアックス』

黒猫マニアックス

白夜ムック552

定価:本体907円+税

てくてく巡礼~秩父札所三十四ヶ所観音霊場&三峯神社~

てくてく巡礼~秩父札所三十四ヶ所観音霊場&三峯神社~

蛸山めがね・著

定価:本体1500円