動画で解説!「無線LANセキュリティの教科書2013」

「無線LANセキュリティの教科書 2013」では、ツール操作方法やOSの使い方を解説した動画を付録DVD-ROMに収録。「誌面を読んでもいまいちよくわからなかった」という読者も、収録した動画を見ればバッチリ理解できます。 もう1枚の付録DVDは「BackTrack 5 R3のLive DVD」を収録。このDVDから起動すれば、使っているマシンに影響を与えず、BackTrack 5を利用することができます

内容構成

Amazonのページはこちら


初心者にも優しい無線LAN攻撃と防御が学べる1冊

無線LANのツールを動かすのはいろいろと大変です。無線LAN解析ツールはLinuxで動かすものが多いため、Linux環境を用意しなくてはいけません。

次に無線LANの解析ツールは動作する無線LANのチップセットが限られているため、きちんと動く製品・チップを用意しなくてはいけません。

最後にツールを動かすわけですが、ツールの表示は基本英語。さらに操作方法が難しいものも多く、「無線LAN解析」初心者にはハードルが高いものとなっています。

昨年「無線LANセキュリティの教科書 2011」を発売して、おかげさまで好調な売れ行きを記録しました。しかし読者から、特に初心者の方から「ここがわからない」「何をどうやっていいのか理解できない」という質問を多数頂きました。そこで、本書では「初心者」をメインターゲットと考え、徹底的にわかりやすく、丁寧に無線LAN解析をレクチャーする構成となっています。

付録DVDにはセキュリティに監査に特化されたLinuxディストリビューション「BackTrack 5」を収録しています。この付録DVD-ROMからPCを起動すれば、手持ちのマシンの環境を壊すことなく、無線LANツールを利用することができます。

本格的に利用したいユーザーのために、USBメモリからBackTrack 5を起動する方法やHDDインストールについても紹介しています。

内容構成

1章 初心者のためのBackTrack 5入門

2章 完全図解 Gerix Wifi Cracker NG

3章 Q&Aでわかる! Aircrack-ng

4章 無線LANハッカー養成講座


GSKYの使い方教えます!
「無線LANセキュリティの教科書2010」

本書では無線LANのセキュリティはどう突破されるのか? 実際に自分の手を用いてその恐ろしさを体験します。

具体的には「BackTrack」といわれる、セキュリティ調査に特化された、Linuxを利用します。このソフトには数百近いセキュリティツールを搭載していますが、全て英語表記な上に各ツールに癖があり、初心者が簡単に扱えるOSではありません。この中から無線LAN攻撃のツールをピックアップしどのように利用するのか解説します。BackTrackは付録DVDに収録をしています(現在Windowsでは無線LANをアタックをする環境構築は大変難しい状態です)。

また「日本国内に特化した無線LANのパスワードを破る辞書データ」もDVDに収録する予定です(本書はDVD2枚組です)。

内容構成

Amazonのページはこちら


Aircrak-ngの解説の決定版!
「無線LANセキュリティの教科書 2009~2010年版」

日本国内の無線LAN利用者は、一説では3000万人以上といわれています。最近では、携帯用家庭用ゲーム機器が無線LANに対応し、さらに利用者は増えています。

無線LANは非常に利便性が高い技術ですが、セキュリティ上に大きな弱点を抱えています。特にWEPというセキュリティ技術は、数秒から数分で破られてしまいます。セキュリティが破られてしまうと、自宅や会社のネットワークが丸見えになり、データの改ざんや消去。さらに侵入先のネットワークから犯罪予告や詐欺など悪用される可能性もあります。

本書はそんな無線LANの危険性を、実際に試して学ぶ技術書です。

大好評だった前号の『無線LANセキュリティの強化書』では、攻撃ツールをカタログ的に紹介をしていく構成でした。今回は攻撃ツール「Aircrack-ng」徹底的に解説し、無線LANセキュリティ突破をステップバイステップで学習します。何も知らない初心者でも、本書を読めば、脆弱性のあるセキュリティは簡単に攻略できます。

付録はCDとDVDの2枚組。DVDには日本でよく使われているSSID約600と約16万以上のパスフレーズを収録したcoWPAtty専用の辞書データの最新版を中心に、誌面で紹介した各種無線LANツールや解析データを収録! CDはLinuxディストリビューション「Ubuntu 9.04 日本語版 Live CD」となっており、Windowsユーザーでも手軽にLinux環境を構築し、UNIXツールを利用することができます。

APのハッキング方法教えます!

1章 実践 無線LANアタック

2章 Windowsツール攻防術

3章 無線LANハッカー養成講座 上級者編


初心者にも優しい無線LAN攻撃と防御が学べる1冊
「無線LANセキュリティの強化書」

ハッカージャパン2008年3月号の特集「無線LANハッカー養成講座」をベースに、WEP、WPA/WPA2-PSKの破り方を紹介。

「危ない危ない」と言われてる無線LANの危険性を実際に試して学んでいきます。

付録DVDには日本でよく使われうSSID名約600と約16万6000語のパスフレーズを収録した、WPA/WPA2-PSK解析辞書データを収録。これを使えば、解析スピードが1000倍速くなります。

また付録CDには、Linuxツールがすぐに試せるように、Ubuntu Live CDを収録。

内容構成

1章 読めば5分で専門家!? 無線LAN超入門

無線LANの基礎的な仕組みの解説から、攻撃手法までを解説。パスワード解析やアタックツールはどのような原理で動いているのか?

2章 抜群の切れ味を誇る 怒涛のUNIXツール

無線LANツールにはLinuxで動くものが多い。フリーウェアにも関わらず、業務でそのまま使えるほどの強力な機能を持ったものがゴロゴロしている。無線LANを極めるならぜひ押さえておきたいLinuxツール。この章では定番中の定番からマイナーなものまで、ひとおり取り上げている。

3章 手軽に使えて実力も抜群 Windowsツールの逆襲

Linuxが無線LANツールの主流だが、やはり使い慣れたWindowsでいろいろなことをやってみたい。Windowsで動く無線LANツールはあまりリリースされていないが、そんな少ないなかから厳選した「使えるツール」を紹介する。

4章 自作アンテナから法律までWireless Cooking

無線LANに関する周辺記事や情報をこの章でまとめてお届け! 無線LANアンテナの外部アンテナの実力を調査! また無線LANアンテナをめぐる法律についても解説。

ページのトップへ戻る