トップ通販案内編集部より
EDITORS report〜編集取材記〜
Web連載掲示板ど忘れ確認用! 資料編MAIL
ボクシングジムLINKボクシング情報LINKその他LINK
■あしたは、こっちだ! 〜編集部より〜■

03年度  04年度  05年1月 05年2月 05年3月 05年4月 05年5月

☆2006年3月25日(土) 追記
 編集日誌以外に関しても、一部連載を あしボク編集Blog(編集日誌ブログ改め)に移行しておりますが…引き続きよろしくお願いいたします m(_ _)m


☆2005年9月21日(水) 謹告!
 紆余曲折、幾多の困難を乗り越えて、ついに白夜書房からボクシング本第2弾を発売することになりそうです。メインはあの、

 亀田興毅!

 まさに紆余曲折あってこれまで何度となく跳ね返されたボクシング企画。正直、通るかどうか不安でした。ガッカリしたりされたりしなくてすむよう、縁起を担ぐ意味もあって、決まるまでは極力口外を避けようと考えていたための突然報告です。

 方々から、いろんな形の反響が出てくれることを期待しています。もちろん“大歓迎!”“やれやれー!”ってのが一番ですが(笑)… いまはまだここまでしか言えないんですが、ひとまずお知らせを。詳しいことはいずれまた。お楽しみに!

 で、これを機会に…ってわけでもないんですが、遅ればせながらブログなるものに手を染め始めました。今後この「編集部より」は、下記にてアップしていきます。原則、土日祝日等関係なく、1日1度はC級か井上が必ず何かしら書き置きますので、訪問、コメント書き込み等々、あわせてよろしくお願いいたします。

あしボク編集日誌ブログ

※編集日誌以外に関しては従来どおりですので、当Webにこれからもお立ち寄りください!


☆9月9日(金) 久々に、WBCランキング
 けっこう日本の選手いますよ(軽量級は特に)。太字にしてるんで、おひまなときに下へスクロールしていってください。ちなみに注目の“闘拳”亀田興毅はフライ級12位!

■World Boxing Council Ratings, August 2005

★HEAVYWEIGHT
CHAMPION: VITALI KLITSCHKO (UKRAINE)
INTERIM CHAMPION: HASIM RAHMAN (US)
WON TITLE: April 24, 2004
LAST DEFENCE: December 11, 2004
LAST COMPULSORY: April 24, 2004
WBA CHAMPION: John Ruiz (P. Rico)
IBF CHAMPION: Chris Byrd (US)
WBO CHAMPION: Lamon Brewster (US)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Sinan Samil Sam (Turkey)
1. Sinan Samil Sam (Turkey) INTL
2. James Toney (US) *
3. Samuel Peter (Nigeria)
4. Oliver McCall (US)
5. Oleg Maskaev (Uzbekistan)
6. Monte Barrett (US)
7. Ray Austin (US) USNBC
8. Calvin Brock (US)
9. Juan Carlos Gomez (Cuba)
10. David Tua (New Zealand)
11. Owen Beck (Jamaica)
12. Corrie Sanders (South Africa)
13. Shannon Briggs (US)
14. Audley Harrison (GB)
15. Peter Okhello (Uganda) OPBF
16. Donnell Holmes (US) AMERICA
17. Sergey Lyakhovich (Latvia)
18. Timor Ibragimov (Uzbekistan) FECARBOX
19. Gerald Nobles (US)
20. Paolo Vidoz (Italy) EBU
21. Henry Akinwande (Nigeria)
22. Kevin McBride (Ireland)
23. Leo Nolan (US)
24. Kirk Johnson (Canada)
25. Tye Fields (US)
26. Vassily Jirov (Kazakhstan)
27. Orlin Norris (US)
28. Jamel McCline (US)
29. Timo Hoffmann (Germany)
30. Kali Meehan (Australia)
31. Jean Francois Bergeron (Canada)
32. Chauncy Welliver (US)
33. Matt Skelton (GB)
34. Malik Scott (US)
35. Robert Hawkins (US)
36. Rob Calloway (US)
37. Tomasz Bonin (Poland)
38. Oleg Platov (Ukraine) YOUTH
39. Roman Greenberg (Israel)
40. Stacy Frazier (US)
* James Toney to be confirmed act in the WBC Convention
* NA = NOT AVAILABLE
 Davarryl Williamson (US) * NA - IBF
 Wladimir Klitschko (Ukraine) * NA - IBF
 Luan Krasniqi (Germany) * NA - WBO
 Larry Donald (US) * NA - WBA
 Nicolay Valouev (Russia) * NA - WBA

★CRUISERWEIGHT (200-90.719)
CHAMPION: JEAN MARC MORMECK (FRANCE)
WON TITLE: April 2, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: October 11, 2002 by Braithwaite
WBA CHAMPION: Jean Marc Mormeck (France)
IBF CHAMPION: O'Neil Bell (US)
WBO CHAMPION: Johnny Nelson (GB)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Giacobbe Fragomeni (Italy)
1. Guillermo Jones (Panama) LATINO
2. Alexander Gurov (Ukraine) EBU
3. Krzysztof Wlodarczyk (Poland) YOUTH
4. Luis Andres Pineda (Panama)
5. Wayne Braithwaite (Guyana)
6. Dale Brown (Canada)
7. Pavel Melkomian (Russia)
8. Giacobbe Fragomeni (Italy) INTL
9. Vincenzo Rossitto (Italy)
10. Dan Batchelder (US)
11. Mark Hobson (GB) COMM
12. Marcelo Dominguez (Argentina)
13. Enzo Maccarinelli (GB)
14. Vadim Tokarev (Russia)
15. Kelvin Davis (US)
16. Felix Cora (US)
17. Charles Davis (US) AMERICA
18. Carl Thompson (GB)
19. David Haye (GB)
20. Firat Arslan (Germany)
21. Darnell Wilson (US)
22. Alexander Petkovic (Germany)
23. Arthur Williams (US) NABF
24. Chris Thomas (US)
25. Grigory Drozd (Russia)
26. Hector Avila (Argentina)
27. Ola Afolabi (GB)
28. Michael Simms (US)
29. Dan Harvison (US)
30. Gary Gomez (US)
31. Daniel Bispo Dos Santos (Brazil)
32. Matt Godfrey (US) USNBC
33. Johny Jensen (Denmark)
34. Willie Herring (US)
35. Mauro Ordiales (Argentina)
36. Emmanuel Nwodo (Nigeria)
37. Troy Ross (Canada)
38. Madjid Zaim (France)
39. Chad Van Sickle (US)
40. Patrick Nwamu (US)
* NA = NOT AVAILABLE
 Vincenzo Cantatore (Italy) * NA - WBO
 Steve Cunningham (US) * NA - IBF
 Valery Brudov (Russia) * NA - WBA

★LIGHT HEAVYWEIGHT (175-79.379)
CHAMPION: THOMAS ADAMEK (POLAND)
WON TITLE: May 21, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: May 15, 2004 by Roy Jones
WBA CHAMPION: Fabrice Tiozzo (France)
IBF CHAMPION: Clinton Woods (GB)
WBO CHAMPION: Zsolt Erdei (Hungary)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: VACANT
1. Thomas Ulrich (Germany) EBU
2. Paul Briggs (Australia)
3. Pietro Aurino (Italy)
4. Roy Jones Jr. (US)
5. Lou Del Valle (US)
6. Stipe Drews (Croatia)
7. Silvio Branco (Italy)
8. Hugo Garay (Argentina)
9. George Jones (US)
10. Olando Rivera (P. Rico)
11. Dawid Kostecki (Poland) YOUTH
12. Danny Santiago (Dom. Rep.)
13. Rico Hoye (US)
14. Laudelino Barros (Brazil)
15. Reggie Johnson (US)
16. Prince Badi Ajamu (US) AMERICA
17. Eric Harding (US)
18. Peter Venancio (Brazil) LATINO
19. Dale Westerman (Australia) OPBF
20. Kai Kurzawa (Germany)
21. Braimah Kamoko (Ghana) ABU
22. Daniel Judah (US)
23. Montell Griffin (US)
24. Darrin Humphrey (US)
25. Artem Vychkin (Russia) CISBB
26. Peter Haymer (GB)
27. Elvis Michailenko (Latvia)
28. Julio Cesar Dominguez (Argentina)
29. Yuri Barashian (Ukraine)
30. Tony Oakey (GB)
31. Adrian Diaconu (Canada)
32. Yoshinori Nishizawa (Japan)
33. Martin Nielsen (Denmark)
34. Antonio Brancalion (Italy)
35. John Vargas (US)
36. Tony Menefee (US)
37. Elvir Muriqi (Albania)
38. Alex Trofimov (Ukraine)
39. Paul Murdoch (Australia)
40. Max Heyman (US)
* NA = NOT AVAILABLE
 Mehdi Sahnoune (France) * NA - WBO
 Julio Gonzalez (Mexico) * NA - IBF
 Jorge Castro (Argentina) * NA - Medical

★SUPER MIDDLEWEIGHT (168-76.204)
CHAMPION: MARKUS BEYER (GERMANY)
WON TITLE: October 9, 2004
LAST DEFENCE: September 3, 2005
LAST COMPULSORY: March 12, 2005
WBA CHAMPION: Mikkel Kessler (Denmark)
IBF CHAMPION: Jeff Lacy (US)
WBO CHAMPION: Joe Calzaghe (GB)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Otis Grant (Canada)
1. Scott Pemberton (US)
2. Danny Green (Australia)
3. Eric Lucas (Canada) AMERICA
4. Otis Grant (Canada) INTL
5. Librado Andrade (Mexico) LATINO
6. Vitaly Tsypko (Ukraine) EBU
7. Cristian Sanavia (Italy)
8. Danilo Haussler (Germany)
9. Jackson Chanet (France)
10. Rubin Williams (US)
11. Omar Sheika (US)
12. Rudy Markussen (Denmark)
13. Carl Froch (GB) COMM
14. Jean Paul Mendy (France)
15. Lucien Bute (Canada)
16. Robin Reid (GB)
17. Robert Stieglitz (Russia)
18. Anthony Mundine (Australia)
19. Alejandro Berrio (Colombia)
20. Allan Green (US)
21. Arthur Shekhmurzov (Estonia) YOUTH
22. Alberto Colajanni (Italy)
23. Joey Spina (US) USNBC
24. Henry Porras (Costa Rica)
25. Manny Siaca (P. Rico)
26. Antwun Echols (US)
27. Lolenga Mock (Congo)
28. Sergey Tatevosyan (Russia)
29. Norman Jones (US)
30. Yusef Mack (US)
31. Christian Cruz (US)
32. Stjepan Bozic (Croatia)
33. Charles Adamu (Ghana) ABU
34. Mario Veit (Germany)
35. Martin Bruer (Argentina)
36. Jose Luis Herrera (Colombia)
37. Mger Mkrtchian (Armenia)
38. Dennis Inkin (Russia)
39. Oscar Bravo (US)
40. Marcus Thomas (Barbados) CABOFE
* NA = NOT AVAILABLE
 Mads Larsen (Denmark) * NA - Medical

★MIDDLEWEIGHT (160-72.575)
CHAMPION: JERMAIN TAYLOR (US)
WON TITLE: July 16, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: February 19, 2005 by Hopkins
WBA CHAMPION: Maselino Masoe (New Zealand)
IBF CHAMPION: Jermain Taylor (US)
WBO CHAMPION: Jermain Taylor (US)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: James Obedi Toney (Ghana)
1. Ronald Wright (US)
2. Bernard Hopkins (US)
3. Arthur Abraham (Armenia)
4. Felix Sturm (Germany)
5. Kingsley Ikeke (Canada)
6. Sam Soliman (Australia)
7. Felix Trinidad (P. Rico)
8. Ike Quartey (Ghana)
9. Kelly Pavlik (US)
10. Chad Dawson (US) YOUTH
11. Howard Eastman (GB)
12. Epifanio Mendoza (Colombia) LATINO
13. James Obedi Toney (Ghana) INTL
14. Edison Miranda (Colombia)
15. Francisco Mora (Argentina)
16. Aaron Mitchell (US)
17. Mariano Carrera (Argentina)
18. Randy Griffin (US)
19. Quentin Smith (US)
20. Sergio Mora (US)
21. Sebastian Sylvester (Germany) EBU
22. Khoren Gevorgyan (Armenia)
23. Ian Gardner (US)
24. Sakio Bika (Cameroon) OPBF
25. Troy Rowland (US)
26. Fulgencio Zuniga (Colombia)
27. Daniel Edouard (Haiti)
28. Lorenzo Di Giacomo (Italy)
29. Fernando Zuniga (Ecuador)
30. Morrade Hakkar (France)
31. Jorge Sendra (Spain)
32. Charles Whittaker (Cayman Islands)
33. Raymond Joval (Holland)
34. Jesus Gonzalez (US)
35. Yoshihiro Araki (Japan)
36. Leonard Pierre Anastan (Haiti) CABOFE
37. Darmel Castillo (Panama)
38. Mpush Makemba (South Africa)
39. Toshihiko Itagaki (Japan)
40. Osumanu Adama (Ghana) ABU
* NA = NOT AVAILABLE
 Evans Ashira (Kenya) * NA - WBO (SM)

★SUPER WELTERWEIGHT (154-69.853)
CHAMPION: RICARDO MAYORGA (NICARAGUA)
WON TITLE: August 13, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: July 21, 2000 by Castillejo
WBA CHAMPION: Alejandro Garcia (Mexico)
IBF CHAMPION: Roman Karmazin (Russia)
WBO CHAMPION: Daniel Santos (US)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Joachim Alcine (Canada)
1. Oscar De la Hoya (US)
2. Fernando Vargas (US)
3. Sergei Dzindziruk (Ukraine) EBU
4. Vernon Forrest (US)
5. Rodney Jones (US) NABF
6. Michele Piccirillo (Italy)
7. Marco Antonio Rubio (Mexico)
8. Cory Spinks (US)
9. Joachim Alcine (Canada) INTL
10. Francisco J. Castillejo (Spain)
11. Sergio Martinez (Argentina) LATINO
12. Kasim Ouma (Uganda)
13. Walter Matthysse (Argentina)
14. Aslan Kodzoev (Russia)
15. Robert Kamya (Uganda) AMERICA
16. Javier Mamani (Argentina) ABMH
17. Saul Roman (Mexico)
18. Alex Bunema (Congo)
19. Kofi Jantuah (Ghana)
20. Eric Mitchell (US)
21. Raul Frank (Guyana)
22. Shannan Taylor (Australia)
23. Toshiharu Kaneyama (Japan) OPBF
24. Verno Phillips (US)
25. Ossie Duran (Ghana) COMM
26. Mihaly Kotai (Hungary)
27. Jose Luis Zertuche (Mexico)
28. William Gare (South Africa)
29. James Webb (US)
30. Sechew Powell (US)
31. Marco Antonio Avendano (Venezuela)
32. Darrell Woods (US)
33. Ante Bilic (Croatia) YOUTH
34. Matt Vanda (US)
35. Anderson Clayton (Brazil)
36. Mike Miranda (Brazil)
37. Badru Lusambya (Uganda) ABU
38. Guillermo Saputo (Argentina)
39. Ruben Varon (Spain)
40. Daniel Dawson (Australia)

★WELTERWEIGHT (147-66.678)
CHAMPION: ZAB JUDAH (US)
WON TITLE: February 5, 2005
LAST DEFENCE: May 14, 2005
LAST COMPULSORY: July 12, 2003 by Mayorga
WBA CHAMPION: Luis Collazo (US)
IBF CHAMPION: Zab Judah (US)
WBO CHAMPION: Antonio Margarito (Mexico)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Joseph Makaringe (South Africa)
1. Carlos Baldomir (Argentina)
2. Joshua Clottey (Ghana)
3. Sharmba Mitchell (US)
4. Miguel Rodriguez (Mexico)
5. Oktay Urkal (Turkey) EBU
6. Manuel Gomez (Mexico)
7. Jose Antonio Rivera (P. Rico)
8. Kazuhiko Hidaka (Japan) OPBF
9. Joseph Makaringe (South Africa) INTL
10. Joel Julio (Colombia)
11. Jose Luis Cruz (Mexico)
12. Steve Martinez (US) NABF
13. Mark Suarez (US)
14. Vincent Phillips (US) AMERICA
15. Miguel Angel Gonzalez (Mexico)
16. Thomas Damgaard (Denmark)
17. David Estrada (US)
18. Frederic Klose (France)
19. Carlos Quintana (P. Rico)
20. Irving Garcia (P. Rico) LATINO
21. Cosme Rivera (Mexico)
22. Michael Santos (Mexico) YOUTH
23. Tadashi Yuba (Japan)
24. Oscar Diaz (US)
25. Roberto Garcia (Mexico) CABOFE
26. Jackson Osei Bonsu (Belgium)
27. Michele Orlando (Italy)
28. Marlon Thomas (US)
29. Salvatore Battaglia (Italy)
31. Reda Zam Zam (Lebanon)
30. Ray Sanchez (US)
32. Joshua Okine (Ghana) COMM
33. Randall Bailey (US)
34. Mauro Lucero (Mexico)
35. Sebastian Lujan (Argentina)
36. Delvin Rodriguez (US)
37. Farkhad Bakirov (Uzbekistan)
38. Lamont Peterson (US)
39. Juan M. Alaggio (Argentina)
40. Marcos Maidana (Argentina)
* NA = NOT AVAILABLE
 Shane Mosley (US) * NA - IBF

★SUPER LIGHTWEIGHT (140-63.503)
CHAMPION: FLOYD MAYWEATHER (US)
WON TITLE: June 25, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: June 25, 2005
WBA CHAMPION: Carlos Maussa (Colombia)
IBF CHAMPION: Ricky Hatton (GB)
WBO CHAMPION: Miguel Angel Cotto (P. Rico)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Paul Malignaggi (US)
1. Junior Witter (GB) COMM/EBU
2. Arturo Gatti (Canada)
3. Kostya Tszyu (Australia)
4. Juan Urango (Colombia) LATINO
5. Arturo Morua (Mexico)
6. Paul Malignaggi (US) INTL
7. Vivian Harris (US)
8. Lovemore Ndou (South Africa)
9. Herman Ngoudjo (Canada) NABF
10. Julio Garcia (Mexico) YOUTH
11. Steve Forbes (US)
12. DeMarcus Corley (US)
13. Samuel Malinga (South Africa)
14. Jungbum Kim (Korea) OPBF
15. Norio Kimura (Japan)
16. Raul Balbi (Argentina)
17. Cesar Cuenca (Argentina)
18. Steve Quinonez (US)
19. Eleazar Contreras (US)
20. Alvaro Aguilar (Mexico)
21. Donald Camarena (US) AMERICA
22. Mike Arnaoutis (Greece)
23. Naoufel Ben Rabah (Tunisia)
24. Souleymane Mbaye (France)
25. Lawrence Ngobeni (South Africa)
26. Kendall Holt (US)
27. Juan Carlos Rodriguez (Mexico)
28. Michelle Rosales (Mexico)
29. Sataporn Singwangcha (Thai) ABCO
30. Henry Bruseles (P. Rico)
31. David Diaz (US)
32. Colin Lynes (GB)
33. Juan Mosquera (Panama)
34. Dindo Castanares (Phil)
35. Kelson Pinto (Brazil)
36. Andreas Kotelnik (Ukraine)
37. Orlando Lora (Mexico)
38. Jose Alfaro (Nicaragua)
39. Ajose Olusegun (Nigeria) ABU
40. Michael Katsidis (Australia)
* NA = NOT AVAILABLE
 Paul Spadafora (US) * NA - LEGAL
 Ricardo Williams (US) * NA - LEGAL
 Gianluca Branco (Italy) * NA - WBO
 Nick Casal (US) * NA - Medical
 Cesar Bazan (Mexico) * NA - IBF

★LIGHTWEIGHT (135-61.235)
CHAMPION: DIEGO CORRALES (US)
WON TITLE: May 7, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: December 7, 2002 by Mayweather
EMERITUS CHAMPION OF THE WORLD: FLOYD MAYWEATHER (US)
WBA CHAMPION: Juan Diaz (Mexico)
IBF CHAMPION: Leavander Johnson (US)
WBO CHAMPION: Diego Corrales (US)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: VACANT
1. Jose Luis Castillo (Mexico)
2. Sirimongkol Singwangcha (Thailand)
3. Isaac Hlatshwayo (South Africa)
4. Matt Zegan (Poland)
5. Yuri Romanov (Belarussia)
6. Almazbek Raimkulov (Kyrgystan)
7. Acelino Freitas (Brazil)
8. Juan Lazcano (US)
9. Chikashi Inada (Japan) OPBF
10. Antonio Pitalua (Colombia)
11. Julio Cesar Diaz (Mexico)
12. Takehiro Shimada (Japan)
13. Joel Casamayor (Cuba)
14. Fernando Trejo (Mexico) NABF
15. Armando Santa Cruz (Mexico)
16. Lakva Sim (Mongolia)
17. Aldo Rios (Argentina) FESUBOX
18. Michael Clark (US)
19. Kengo Nagashima (Japan)
20. Julio Cesar Chavez Jr. (Mexico)
21. Stefano Zoff (Italy)
22. Saddam Kiatyongyuth (Thailand)
23. Americo Santos (US)
24. Dennis Laurente (Phil)
25. Ernesto Zepeda (Mexico)
26. Cristian Bejarano (Mexico)
27. Jose Antonio Izquierdo (Cuba) AMERICA
28. Edner Cherry (US) CABOFE
29. Shamir Reyes (US)
30. Luis Arceo (Mexico)
31. Victoriano Damian Sosa (Dom. R)
32. Fernando Angulo (Ecuador)
33. David Burke (GB)
34. Sergio Gonzalez (Argentina)
35. Graham Earl (GB)
36. Nico Salzmann (Bosnia & Her) YOUTH
37. Francisco Olvera (Mexico)
38. Prawet Singwangcha (Thailand)
39. Adrian Navarrete (Mexico)
40. Abdullai Amidu (Ghana) ABU
* NA = NOT AVAILABLE
 Ebo Elder (US) * NA - WBA
 Ricky Quiles (US) * NA - IBF

★SUPER FEATHERWEIGHT (130-58.967)
CHAMPION: MARCO ANTONIO BARRERA (MEXICO)
WON TITLE: November 27, 2004
LAST DEFENCE: April 9, 2005
LAST COMPULSORY: April 9, 2005
WBA CHAMPION: Vicente Mosquera (Panama)
IBF CHAMPION: Robbie Peden (Australia)
WBO CHAMPION: Jorge Barrios (Argentina)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: VACANT
1. Erik Morales (Mexico)
2. Manny Pacquiao (Phil)
3. Randy Suico (Phil) OPBF
4. Carlos Hernandez (El Salvador)
5. Zahir Raheem (US)
6. Nobuto Honmo (Japan)
7. Alex Arthur (GB) EBU
8. Janos Nagy (Hungary)
9. Guadalupe Rosales (Mexico)
10. Yodsanan 3K Battery (Thailand)
11. Mzonke Fana (South Africa)
12. Urbano Antillon (US)
13. Kevin Kelly (US)
14. Bobby Pacquiao (Phil) AMERICA
15. Alejandro Medina (Mexico) NABF
16. Javier Jauregui (Mexico)
17. Ryuhei Sugita (Japan)
18. Miguel Angel Huerta (Mexico)
19. Sergey Gulyakevitch (Belorussia)
20. Humberto Toledo (Ecuador)
21. Julio Pablo Chacon (Argentina)
22. Cassius Baloyi (South Afica)
23. Tommy Browne (Australia)
24. Carlos Navarro (US)
25. Edwin Valero (Venezuela)
26. Boris Sinitsin (Russia)
27. Aldo Valtierra (Mexico)
28. Javier Alvarez (Argentina)
29. Xu Qong Liang (China)
30. Fahprakorb Rakkiatgym (Thailand)
31. Willie Limond (GB)
32. Francisco Lorenzo (Dom. R.)
33. Alessandro Di Meco (Italy)
34. Jason Litzau (US)
35. Agnaldo Nunes (Brazil)
36. Ismael Gonzalez (Mexico)
37. Martin Honorio (Mexico)
38. Tontcho Tontchev (Bulgaria)
39. Hugo Lewis (Guyana) CABOFE
40. Juan Carlos Salgado (Mexico)
* NA = NOT AVAILABLE
 Manuel Medina (Mexico) * NA - IBF
 Jose Miguel Cotto (P. Rico) * NA - IBF
 Jesus Chavez (Mexico) * NA - IBF (Light)
 Mike Anchondo (US) * NA - Medical

★FEATHERWEIGHT (126-57.153)
CHAMPION: INJIN CHI (KOREA)
INTERIM CHAMPION: HUMBERTO SOTO (MEXICO)
WON TITLE: April 10, 2004
LAST DEFENCE: January 30, 2005
LAST COMPULSORY: April 10, 2004
WBA/IBF CHAMPION: Juan Manuel Marquez (Mexico)
WBO CHAMPION: Scott Harrison (GB)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Osamanu Akaba (Ghana)
1. Nicky Cook (GB) COMM/EBU
2. Robert Guerrero (US) NABF
3. Jorge Linares (Venezuela)
4. Rocky Juarez (US) AMERICA
5. Takashi Koshimoto (Japan) OPBF
6. Joan Guzman (Dom. R.)
7. Nadel Hussein (Australia)
8. Gamaliel Diaz (Mexico) FECARBOX
9. Steve Luevano (US)
10. Johnny Tapia (US)
11. Hector Velazquez (Mexico)
12. Frank Archuleta (US)
13. Spend Abazi (Denmark)
14. Jorge Solis (Mexico)
15. Hiroyuki Enoki (Japan)
16. Valdemir Pereira (Brazil)
17. Oscar Leon (Colombia) LATINO
18. Rudy Lopez (Mexico) YOUTH
19. Gary St. Clair (Guyana)
20. Cholatarn O. Piriyapinyo (Thailand) ABCO
21. Angel Alirio Rivero (Venezuela) ABMH
22. Agapito Sanchez (Dom. R)
23. Pablo Estrella (Argentina)
24. Cristobal Cruz (Mexico)
25. Elio Rojas (Dom. R)
26. Cornelius Lock (US)
27. Alberto Servidei (Italy)
28. Roger Mtagwa (Tanzania)
29. Takahiro Aoh (Japan)
30. Osamanu Akaba (Ghana) INTL
31. Bernard Dunne (Ireland)
32. Jeffrey Mathebula (South Africa)
33. Terdsak Jandaeng (Thai)
34. Jorge Monzon (Mexico)
35. Berman Sanchez (Nicaragua)
36. Cyril Thomas (France)
37. Juan Gerardo Cabrera (Argentina) FESUBOX
38. Jackson Asiku (Uganda) ABU
39. Fernando Ferreira da Silva (Brazil)
40. Luis Fuente (Mexico)
* NA = NOT AVAILABLE
 William Abeylan (US) * NA - Medical

★SUPER BANTAMWEIGHT (122-55.338)
CHAMPION: OSCAR LARIOS (MEXICO)
WON TITLE: November 1, 2002
LAST DEFENCE: July 16, 2005
LAST COMPULSORY: November 27, 2004
WBA CHAMPION: Mahyar Monshipour (France)
IBF CHAMPION: Israel Vazquez (Mexico)
WBO CHAMPION:
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: N. Kiattisakchocchoi (Thai)
1. Toshiaki Nishioka (Japan)
2. Naphapol Kiattisakchocchoi (Thai) INTL
3. Saenghiran Lookbanyai (Thai) ABCO
4. Shoji Kimura (Japan)
5. Daniel Ponce (Mexico)
6. Gubula Vabaza (South Africa)
7. Ricardo Castillo (Mexico) LATINO
8. Wethya Sakmuangklang (Thailand) OPBF
9. Tim Austin (US)
10. Wayne McCullough (Ireland)
11. Adam Carrera (US) NABF
12. Steve Molitor (Canada)
13. Esham Pickering (GB) COMM/EBU
14. Yoshikane Nakajima (Japan)
15. Antonio Meza (Mexico)
16. Cuauhtemoc Vargas (Mexico) AMERICA
17. Akihiro Kanai (Japan)
18. Yasuo Kunimi (Japan)
19. Sergio Medina (Argentina) ABMH
20. Hugo Vargas (Mexico) CABOFE
21. Adolfo Landeros (Mexico) FECARBOX
22. Fernando Beltran Jr. (Mexico)
23. Jimrex Jaca (Phil)
24. Ruben Estanislao (Mexico)
25. Masanori Sugita (Japan)
26. Akifumi Shimoda (Japan)
27. Jose Mendoza (Colombia)
28. Alexander Fedorov (Russia)
29. Miguel Roman (Mexico) YOUTH
30. Tomas Villa (Mexico)
31. Michael Hunter (GB)
32. Abdul Tebazalwa (Uganda) ABU
33. Eduardo Garcia (Mexico)
34. Adalberto Borquez (Mexico)
35. Daisuke Yamanaka (Japan)
36. German Guartos (Spain)
37. Jose Arboleda (Panama)
38. Sod Looknongyangtoy (Thailand)
39. Rudy Dominguez (US)
40. Salem Bouaita (France)
* NA = NOT AVAILABLE
 Celestino Caballero (Panama) * NA - WBA

★BANTAMWEIGHT (118-53.524)
CHAMPION: HOZUMI HASEGAWA (JAPAN)
WON TITLE: April 16, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: October 4, 2003 by Nakhonluang
WBA CHAMPION: Wladimir Sidorenko (Ukraine)
IBF CHAMPION: Rafael Marquez (Mexico)
WBO CHAMPION: Ratanachai Sow Voraphin (Thai)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: VACANT
1. Diego Morales (Mexico)
2. Veeraphol Nakhonluang (Thailand)
3. Genaro Garcia (Mexico) FECARBOX
4. Jhonny Gonzalez (Mexico)
5. Simone Maludrotto (Italy) EBU
6. Sasha Baktin (Russia)
7. Ivan Hernandez (Mexico)
8. Gerardo Martinez (Mexico)
9. Kumarnthong Por Pluemkamol (Thailand) OPBF
10. Simpiwe Vetyeka (South Africa)
11. Jose Aguiniga (US)
12. Jaime Ortiz (Mexico)
13. Mauricio Martinez (Panama)
14. Jorge Lacierva (Mexico)
15. Ricardo Cordoba (Panama) LATINO
16. Ricardo Vargas (Mexico)
17. Jun Toriumi (Japan)
18. Rey Bautista (Phil)
19. Tomas Rojas (Mexico)
20. Heriberto Ruiz (Mexico)
21. Alejandro Valdez (Mexico) YOUTH
22. Adonis Rivas (Nicaragua)
23. Roger Gonzales (US)
24. Seungsok Chae (Korea)
25. Pablo Sepulveda (Argentina) FESUBOX
26. Karim Quibir (Spain)
27. Carmelo Ballone (Belgium)
28. Z. Gorres (Phil)
29. Frederic Patrac (France)
30. Martin Power (GB)
31. David Guerault (France)
32. Nathan Sting (Australia)
33. Leon Moore (Guyana) CABOFE
34. Clarence Vinson (US)
35. Oscar Andrade (Mexico)
36. Ramon Leyte (Mexico)
37. Friday Felix (Nigeria) ABU
38. Michael Domingo (Phil)
39. Dale Robinson (GB)
40. Yasuo Kijima (Japan)
* NA = NOT AVAILABLE
 Manabu Fukushima (Japan) * NA - WBA
 Cruz Carvajal (Mexico) * NA - Medical

★SUPER FLYWEIGHT (115-52.163)
CHAMPION: MASAMORI TOKUYAMA (JAPAN)
WON TITLE: July 18, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: January 3, 2005 by Kawashima
WBA CHAMPION: Martin Castillo (Mexico)
IBF CHAMPION: Luis Perez (Nicaragua)
WBO CHAMPION: Fernando Montiel (Mexico)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Masibulele Makepula (South Africa)
1. Jose Navarro (US)
2. Luis Maldonado (Mexico)
3. Medgoen Singsurat (Thai) ABCO
4. Katsushige Kawashima (Japan)
5. Chatchai Sasakul (Thailand)
6. Alexander Munoz (Venezuela)
7. Malcolm Tunacao (Phil)
8. Masayuki Arinaga (Japan) OPBF
9. Masibulele Makepula (South Africa) INTL
10. Nobuo Nashiro (Japan)
11. Christian Mijares (Mexico)
12. Eiji Kojima (Japan)
13. William Gonzalez (Nicaragua)
14. Gerson Guerrero (Mexico)
15. Hideyasu Ishihara (Japan)
16. Jose Angel Beranza (Mexico)
17. Khulile Makeba (South Africa)
18. Waenpetch Chuwatana (Thailand)
19. David Nakonluang (Thailand)
20. Eric Barcelona (Phil)
21. Pramuansak Phosuwan (Thailand)
22. Cesar Lopez (US)
23. Mark Johnson (US)
24. Mauricio Pastrana (Colombia)
25. Cecilio Santos (Mexico)
26. Luis Melendez (Colombia)
27. Kohei Matsuura (Japan)
28. Marcos Gomez (Argentina)
29. Akio Konishi (Japan)
30. Masayuki Mitani (Japan)
31. Sergio Santillan (Argentina) FESUBOX
32. Samuel Lopez (Mexico)
33. Rolly Lunas (Phil)
34. Alex Becerra (US)
35. Daisuke Maruyama (Japan)
36. Omar Salado (Mexico)
37. Jose Nieves (P. Rico)
38. Shin Ogata (Japan)
39. Hugo Ramirez (Mexico)
40. Katsunori Ito (Japan)
* NA = NOT AVAILABLE
 Eric Morel (US) * NA - LEGAL
 Dimitri Kirilov (Russia) * NA - IBF
 Reynaldo Lopez (Colombia) * NA - IBF

★FLYWEIGHT (112-50.802)
CHAMPION: PONGSAKLEK WONJONGKAM (THAILAND)
INTERIM CHAMPION: JORGE ARCE (MEXICO)
WON TITLE: March 2, 2001
LAST DEFENCE: January 29, 2005
LAST COMPULSORY: November 14, 2003
WBA CHAMPION: Lorenzo Parra (Venezuela)
IBF CHAMPION: Vic Darchinian (Australia)
WBO CHAMPION: Omar Narvaez (Argentina)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Monelisi Myekeni (South Africa)
1. Rosendo Alvarez (Nicaragua)
2. Daisuke Naito (Japan)
3. Brahim Asloum (France)
4. Hussein Hussein (Australia)
5. Diosdado Gabi (Phil)
6. Ponomrunglek Kratingdaeng (Thailand) ABCO
7. Masaki Nakanuma (Japan)
8. Irene Pacheco (Colombia)
9. Monelisi Myekeni (South Africa) INTL
10. Valerio Sanchez (Mexico) AMERICA
11. Fahpetchnoi Sor Chitpattana (Thailand) YOUTH
12. Koki Kameda (Japan) OPBF
13. Alberto Rosas (Mexico)
14. Everardo Morales (Mexico)
15. Carlos Bouchan (Mexico) FECARBOX
16. Everth Briceno (Nicaragua)
17. Angel Priolo (Colombia)
18. Bernard Inom (France)
19. Cyril Bellanger (France)
20. Ivan Pozo (Spain) EBU
21. Jose Lopez (P. Rico)
22. Jose Lopez Bueno (Spain)
23. Julio Ler (Argentina)
24. Giovanni Segura (Mexico)
25. Wanmeechok Singwancha (Thai)
26. Raul Eliseo Medina (Argentina) FESUBOX
27. Benjamin Garcia (Mexico)
28. Hiroshi Nakano (Japan)
29. Francisco Arce (Mexico)
30. Daigo Nakahiro (Japan)
31. Alejandro Hernandez (Mexico)
32. Noriyuki Komatsu (Japan)
33. Ricardo A. Toledo (Argentina)
34. Edgar Rodrigo (Phil)
35. Rodel Quilaton (Phil)
36. Denburapa Ekarin (Thailand)
37. Atsushi Kato (Japan)
38. Kenji Yoshida (Japan)
39. Alberto Rossel (Peru)
40. Julio Cesar Miranda (Mexico)
* NA = NOT AVAILABLE
 Takefumi Sakata (Japan) * NA - WBA
 Jair Jimenez (Colombia) * NA - IBF

★LIGHT FLYWEIGHT (108-48.988)
CHAMPION: ERIC ORTIZ (MEXICO)
WON TITLE: March 11, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: September 4, 2004 by Arce
WBA CHAMPION: Roberto Vazquez (Panama)
IBF CHAMPION: Will Grigsby (US)
WBO CHAMPION: Hugo Cazares (Mexico)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Wandee Singwangcha (Thailand)
1. Brian Viloria (US)
2. Juanito Rubillar (Phil)
3. Wandee Singwangcha (Thailand) INTL
4. Nelson Dieppa (P. Rico)
5. Takahisa Masuda (Japan) OPBF
6. Edgar Sosa (Mexico)
7. Luis Lazarte (Argentina) FESUBOX
8. Ken Nakajima (Japan)
9. Omar Nino (Mexico)
10. Victor Burgos (Mexico)
11. Nobuaki Masuda (Japan)
12. Jose Antonio Aguirre (Mexico)
13. Nerys Espinoza (Nicaragua)
14. Francisco Rosas (Mexico)
15. Gilberto Keb Baas (Mexico)
16. Luis Valdez (Mexico)
17. Manuel Vargas (Mexico)
18. Muvhuso Nedzanami (South Africa)
19. Shingo Yamaguchi (Japan)
20. Bert Batawang (Phil)
21. Masato Hatakeyama (Japan)
22. Petchtapee Pinsinchai (Thailand) ABCO
23. Yodsaengkeng Por Choomchok (Thailand) YOUTH
24. Ronald Barrera (Colombia)
25. Vicky Tahumil (Indonesia)
26. Andrea Sarritzu (Italy)
27. Yukio Wadamine (Japan)
28. Sithembele Kibiti (South Africa)
29. Munetsugu Kayoh (Japan)
30. Nkosinathi Joyi (South Africa)
31. Eric Ramirez (Mexico)
32. Wendyl Janiola (Phil)
33. Ernesto Castro (Nicaragua)
34. Sonny Boy Jaro (Phil)
35. Rafael Lozano (Spain)
36. Junichi Ebisuoka (Japan)
37. Anis Roga (Indonesia)
38. Katsuhiko Iezumi (Japan)
39. Edo Resilay (Indonesia)
40. Samuel Gutierrez (Mexico)
* NA = NOT AVAILABLE
 Ulises Solis (Mexico) * NA - IBF

★STRAWWEIGHT (105-47.627)
CHAMPION: EAGLE KYOWA (JAPAN)
WON TITLE: August 6, 2005
LAST DEFENCE:
LAST COMPULSORY: December 18, 2004 by Kyowa
WBA CHAMPION: Yutaka Niida (Japan)
IBF CHAMPION: Mohamed Rachman (Indonesia)
WBO CHAMPION: Ivan Calderon (P. Rico)
Contenders:
WBC INTERNATIONAL CHAMPION: Tshepo Lefele (South Africa)
1. Rodel Mayol (Phil) OPBF
2. Lorenzo Trejo (Mexico) NABF
3. Oleydong Sithsanerchai (Thai) ABCO/YOUTH
4. Satoshi Kogumasaka (Japan)
5. Katsunari Takayama (Japan)
6. Isaac Bustos (Mexico)
7. Pornsawan Porpramook (Thailand)
8. Juan Palacios (Nicaragua)
9. Wilfrido Valdez (Panama) LATINO
10. Makoto Suzuki (Japan)
11. Teruo Misawa (Japan)
12. Junichiro Kaneda (Japan)
13. Juan Landaeta (Venezuela)
14. Tshepo Lefele (South Africa) INTL
15. Carlos Melo (Panama)
16. Gerardo Verde (Mexico)
17. Sizwe Sinyabi (South Africa)
18. Omar Soto (Mexico)
19. Elmer Gejon (Phil)
20. Noel Arambulet (Venezuela)
21. Roberto Leyva (Mexico)
22. Iwan Key (Indonesia)
23. Miguel Tellez (Nicaragua)
24. Daniel Reyes (Colombia)
25. Oscar Martinez (Mexico) AMERICA
26. Armand de la Cruz (Phil)
27. Ricardo San Martin (Mexico)
28. Jun Arlos (Phil)
29. Omar Soto (P. Rico) CABOFE
30. Angky Angkota (Indonesia)
31. Kaichon Sor Voraphin (Thailand)
32. Benjie Sorollo (Phil)
33. Kazumasa Kumada (Japan)
34. Shunsuke Nagao (Japan)
35. Alex Aroy (Phil)
36. Carlos Besares (Phil)
37. Wele Maqolo (South Africa)
38. Ngaoprajan Sithsaithong (Thailand)
39. Jose Figueroa (Mexico)
40. Freddy Blandon (Nicaragua)
* NA = NOT AVAILABLE
 Heriberto Gijon (Phil) * NA - WBA


☆9月2日(金) でけえなあ
 「まんだらけ」の社長さんに会ってきた。気さくな方だったな。成功をおさめて、かつ物腰も柔らかい。ある種のカリスマ性だろうね。まあ、外面はよくても内輪にはきつい人間もいるからね、一概にはわからないけどさ。


☆8月31日(水) さらば夏よ
 8月も今日で終わり。お盆までは心もどんより沈んだが、旅行で気分転換してからは昇り龍のごとし。単純にできてる自分に感謝。んでもって、竹内軍団の構成員のみんな、茅ヶ崎の地元サーファーズ、ジョージのファミリーたち、お前らサイコーだ。


☆8月29日(月) 写心
 27日、元A級ボクサーの写心家・山口裕朗さんの個展にお邪魔した。

 圧巻だったのは、試合直後のボクサーたちの顔がずらりと並んだパネル。一人一人見ていて、たった今終わった試合がそのボクサーにとってどんな内容だったのか、表情にでていると思った。浮かぶ顔、浮かばない顔、勝ち負けはもちろんある世界だけども、さらにもういっこ奥にある、その人だけに秘められた想い。

 そばにいた山口さんに、そっとそんなことを話しかけた。すると、

「でもね、分からない人はやっぱり分からないんだよ。たとえばこれ…」

 目線の先、それは、元日本Sフェザー級チャンプ・キンジ天野選手の「顔」だった。精気のない沈んだ顔。声もかけられないような試合内容だったのか? それが違った。コウジ有沢選手を敗り、天野選手が初めてチャンピオンになった、最高の試合の直後だったのだ。

 気色満面であるはずの顔をあまりの激闘が、精も魂も果てた男の顔に変えてしまっていた。そして天野選手は控え室から病院へと運ばれていったのだという。控え室でタンカに乗せられる天野選手を収めた写真も、そこに展示されていた。救急隊員の姿が生々しく写る。事故現場のような緊迫感が漂う。

 オレはちょっと動揺した。ほんのひとときだけ、後楽園ホールが、リングが、戦場に思えた。そこには何のイデオロギーもなく、うす汚い利害もなく、罪のないものを巻き込む陰うつな武器もない。あるのは鍛え上げられた己の肉体と磨き抜いた魂のぶつかり合い。

 でも、たしかにオレはあの時、ボクシングが戦場に見えたんだ。

* * * * * * * * * * * * * * *

 山口裕朗 写真展 <放熱の破片>
30日までですが、お時間のある方は是非。場所は、文京区千駄木3-48-2 「ギャラリーイマーゴ」。オープン時間は12:00〜19:00


☆8月24日(水) 目の前がぼやけて…
 ずっと昔、ある夏の日、知り合いの方が出演する舞台演劇を観に行った。現実と非現実が織り混ざった不思議な話だった。そして、なんだかとても懐かしく、とても優しさに満ちた話の内容に、つい目の前がぼやけたのを覚えている。演じた役者たちも、その舞台全てが素晴らしかった。

 それから何年か後、夏休みのことだ。うだるような暑い午後、家でぼんやりテレビを見ていると映画が始まった。見ているうちにすぐにピンときたんだ。山田太一原作、大林宣彦監督、『異人たちとの夏』。あの日観た、あの舞台の話だ。

 テレビ画面に映し出された映像はやはり素晴らしいものだった。キャストも完璧。ちなみに片岡鶴太郎はこの映画の演技で、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している。最優秀にふさわしいと思える、秀逸な演技だ。

 つい最近、雑誌の企画で「泣ける映画」を何本か提示した。迷わず『異人〜』を推した。簡単なコメントを書くために、再びこの作品をテレビに映し出すことにした。年をとってから再び見た作品が、すでに感動が薄れ、意外な期待はずれに終わったなんてこともないわけじゃない。

 しかしそれは、とんだ杞憂だったようだ。あの夏の日と同じように、涙はあふれ、目の前がぼやけた。もう一度、今度はオレが親父になった時、観てみようと思う。


☆8月23日(火) 開国宣言
 昨日は知人のキックボクサーの試合が、代々木第二体育館で行われた。大会名は「TITANS」。今回でどうやら二度目の開催のようだ。現在のK-1の隆盛を受けて、二匹目のどじょうを狙うべく、こうした大会がキックボクシング界にも乱立している。思えばK-1も、その出発は代々木体育館(第一だけどね)だった。

 残念ながら仕事が長引き、オレが到着したのはセミファイナル。会場のキャパは3202人で、入りは7〜8割といったところか。体育館という性質上か、食べ物の充実度は極めて低い。はっきり言って、後楽園ホールもしょぼい。Jリーグ、プロ野球並みとは言わないまでも、もう少し食べ物にも気を遣うと、イベントの付加価値が上がるってもんだろう。例えば、「後楽園ホールでしか食べられない」なんてもんでもあればね。それ目当てに行く客なんて微少だろうけど、来てくれた人への「サービス」だよな。

 メインはキック界で人気の高い武田幸三選手。観客の盛り上がりもセミより一気に跳ね上がったが、武田選手は、こちらもキックの実力者ジョン・ウェイン・パーのパンチに沈んだ。

 日本で開催する一競技において、ファンの目を引きつけるには、スター性のある日本人選手の存在が必要不可欠なのは言うまでもない。さらにプラスα、よりいっそう人気を高めるために、強烈な個性、抜群の実力を持った外国人選手を招聘するのも常套手段。

 今の日本ボクシング界、イーグル京和、サーシャ、リナレス、バキロフ、良い外国人選手は確かにいるが、まだまだ少ない。外国人選手同士の対戦が頻繁に見られ、かつ日本人の人気選手と白熱した試合を繰り広げていく、そんな光景が早く実現しないものだろうか。 ねえ、成章さん? おっと、あなたはもっと積極的な意見でしたね(笑)

「島国カラ脱却セヨ」 by 鈴木成章


☆8月20日(土) 熱闘甲子園
 高校野球は流れが二転三転するから面白いねえ。外大西は序盤の流れをものにできなかったのが痛い。この辺が経験と実力なんだろうな。


☆8月19日(金) 特進
 “西の亀田”と双璧をなすボクシング界の新星、神楽坂のターボ君がなんと、世界ランク28位に入る。なんだ、こりゃ!? 日本ランク9位が世界ランク28位? 意味がわからん。あー、そうさ、オレはバカだよ。誰かこの不可思議なマジックに説得力のある正当性を持たせろ! どこのインテリでもかまわんぜ。


☆8月12日(金) 94
 すんません、あまりに私事なのでこの場で書くのは不適切なんですが。今日、永年のツレたちに決別の鐘を鳴らしてきた。まあ、決別といっても、絶交とか絶縁じゃなくって、今までみたいには付き合いませんよという意味。距離をおく、といった方が正しいのかな。

 オレもこの仕事始めて、ボクシング始めて、色んな人たちと出会い、関わりあってきた。その人たちと触れあってきたおかげで、こんなオレでも自分の成長を感じる。そしてオレは変わった。ガキの頃とは違う。短気だったオレも、ちょっとしたことなんかじゃ腹がたたなくなった。っていうかずいぶん丸くなった。

 でも逆に、ゆずれない部分、どうしても許せない領域ができあがっちまってる。意固地だって笑われたっていい。自分でも不思議だ。いつの間にか、こんな人間が形成されている。ガキの頃だったら、怒って、笑い飛ばしてそれで終わりだったのになあ。

 これが正しいか間違ってるか、いつかまた10年先に振り返る日もあるだろう。そん時は後悔するかもしれない。でも今は間違ってないと信じたい。そして願わくば、10年先、笑い飛ばせる自分でありたい。

 とまあ、スンマセン、軽〜く聞き流して下さい。


☆8月11日(木) 血湧肉踊
 今さらながらにバレラVSモラレス第1戦を見る。結果は知っていたが、見ている途中で自分の記憶を疑うほどバレラが形勢優位に思える。あの判定はありえん。一瞬、脳裏にギャングの影がちらついた。

 この試合が動き始めたのも、そして最大の見せ場も5Rだったのではないか。バレラが打ちまくった後に今度はモラレスが打ちまくり、そしてそれを凌いだバレラが再びモラレスをめった打ち。すげえ試合だ。オレも一度でいいからこんな試合をしてみたい。後々が恐いから、一回だけでいいや。

 KOはおろか、ダウン一つない試合。それでもこんなに血湧き肉踊る。やっぱり、最近流行りの総合格闘技たちに較べ、一日の長がある。優劣とか関係ない、これはしょうがないよ。

 あの“悪魔王子”ハメドを完封したバレラの万能さには恐れいるが、オレはモラレスの、「足使うか打ち合うかはっきりせえや」な中途ハンパ感あるスタイルが好きだなあ。


☆8月10日(水) 継続は力なり
 有木竜大がまたしてもやってくれた。連勝でついにA級入り。試合前日に、

「絶好調。勝って、もたついてる誰かさんとの差を広げるよ」

 と力強く語っていた。有言実行、まさにそれをやり遂げたってわけだ。心からおめでとう。お前はほんとに大した奴だ。こうなりゃもっと上狙おうぜ!

 そんでもって、こっちは大いに刺激になる。できれば間近で観たかったなあ。これで8月上半期の注目カードは全てお預けくらってしまった。


☆8月5日(金) リプレイ
 というわけで、C級注目の一戦は小林の大金星。安定王者・木村選手はストップ防衛。あの人はふんとに強いっすわ。誰が木村選手を止めるんだろうな。

 昨日のフォーマットの影響で、今日の新人王準準決勝に行きそびれる。今日は注目選手がめじろ押しだったのに…。

 なんだかずっと流れが悪い。ストレスで何かを食いたくて食いたくて仕方ない。


☆8月4日(木) フォーマット
 会社の愛機Macがついにダウン。昨夜、最後の力を振り絞ってオレに作業をさせてくれた。

 新しく生まれ変わらせてやろうと決意。くそ忙しい中、初期化のためのデータ移し替えやら、ソフトのインストールやらで、正直まいった。

 なんだかずっと流れが悪い。ストレスで何かを食いたくて食いたくて仕方ない。


☆8月1日(月) ソルジャー
 マージャンで大敗を喫した。負けが続くと気が滅入るが、こんな言葉を思い出した。

「勝敗は兵家の常である」誰の言葉だったか。

 勝負事を何回も続けていれば負ける時もある。“負け”たことをあれこれ考えるのはやめた。大事なのは次、いかに“勝つ”かだ。

 ちなみにオレの知人に、ギャンブルで勝ち続けている人がいる。この人の話を聞いてると、勝負の機微を学べることがある。その人には、さらに上をいく師匠がいるという。会ってみたいものだ。


☆7月29日(金) BOXING IN AUGUST1
 ある程度ボクシング選手を知ってくると、見たいカードも必然的に増えてくる。

 8月の私的注目カード。まずは上半期から。基本的には、昇り調子の選手がすでに実力を認知されている選手に挑む、試金石の一戦が多くなっている。

8月1日 大久保純斗(草加有澤) 8R 近藤康弘(角海老宝石) 後楽園ホール
 うちのジムの高校三冠王、斉藤くんを6回戦時代に破った近藤選手。その後も勢いにのっている。タイトル挑戦の経験もある大久保選手は勢いある若手を下して再度ランク入りを狙いたいはず。激闘必死。

  2日 吉澤佑規(WOZ) 10R デニス・ローレンテ(フィリピン) 後楽園ホール
 吉澤選手は関西の選手で、一昨年の全日本新人王。対してローレンテは元東洋王者。現王者の稲田選手とはほぼ互角。“抜か”なければローレンテ有利!? 吉澤選手があっさり勝つようなら相当の大物だろうね。

  4日 金井晶聡(姫路木下) 10R 小林生人(横浜光) 後楽園ホール
 どちらも好きな選手だからなあ。正直、小林選手にはまだ荷が重い相手だと思うが、気持ちを全面に出した気持ちの良いファイトを見せてくれるに違いない!

  5日 東日本新人王予選 後楽園ホール
 Sフェザーの小平、Sライトの落合、そしてウェルターで、我がジム神宮寺くんが協栄ジム期待の渡部と激突!

  6日 高山勝成(グリーンツダ) 12R イーグル京和 後楽園ホール
 新チャンピオン高山選手の初防衛戦の相手は2つ前のチャンピオン、イーグル選手。どうも前予想はイーグル選手有利に傾いてるみたいだが、オレは高山選手のスピードと手数が押し切ると思う。

  8日 山口真吾(渡嘉敷) 12R 升田貴久(三迫) 後楽園ホール
 升田選手は長身ボクサーで、戦い方が勉強になると思う。山口選手は勝負勘というか勝負どころがすごくわかっているチャンピオンなので、難しい試合になるとは思うが。この日は、今の現役選手で一番好きな選手、相澤国之選手も登場。

  9日 6R 有木竜大(輪島S) 後楽園ホール
 友人、有木の6回戦。勝ってA級にいってくれよ。


☆7月28日(木) いいじゃない
 町村外相が、

「国連常任理事国入りができなかったら、国連分担金を削減するべきという世論が高まる」と発言した。

 いいじゃない。こういう外交的揺さぶり、駆け引きはどんどんやるべき。

 次に、IRAが武力行使を放棄することを宣言した。

 いいじゃない。長い間テロ行為を続けて何人もの市民を傷つけてきた状況についに歯止めがかかるんだ。もしかしたら、他の地域で活動しているテロ組織の動向に一石を投じるかも、だ。


☆7月27日(水) モモンガ
 太ももが筋肉痛を起こしてる。何故かを想像してみると、ちょっと悲しい。


☆7月26日(火) 深く不覚
 見逃した!


☆7月25日(月) 明日だ、明日
 残念ながら今日は練習行けず。明日は傘鬼さん、レオポン、そして平仲ジムの日本ランカー・中森くんの三つどもえのスパーが見られるかもしれない。もちろん、SRSを確保するぜ。この模様はできれば明日にでも。


☆7月23日(土) 練習再開
 敗戦よりちょうど一週間、ジムへ向かった。もっと落ち武者の気分で重い足どりで向かわなければならないのかなと考えていたが、不思議と体を動かすことの喜びの方が胸に広がっていた。格好つけに聞こえるかもしれないが(まあ実際、格好つけたい人間だから構わんが)、オレもすっかりスポーツマンのはしくれということか。

 今は次の試合のことがまるで頭にない。どっちみちKO負けは3ヶ月間試合できないし。

 それよりも、前よりボクシングが好きになったような気がする。まっ、気がするってだけなんだけど。そのうちはっきりするさ。


☆7月12日(火) スパー終了!
 病み上がりの影響が心配だったけど、動きは上々。ウェイトも一旦はリミットまで落とせたし、ほぼ問題ないだろう。やるだけやった。あとは試合まで疲れを落としつつ、当日の勝利あるのみ。


☆7月7日(木) 心動 〜SHINDO〜
 正の感情がどんどん削りとられていく。いや、正確には感動が消えていく。憤りが小刻みに息をひそめ、解放されるその時を待つ。

 そんな中で、何人かの温かい励ましの言葉や労りの言葉を受け取ると、本当に心に染み入る。失いかけてた感動を揺り動かされるようだ。


☆7月4日(月) 疲労 
 土曜は傘鬼さんと4Rスパー。けっこう打たれた! 何もできず、そして何をしたかったんだろう?

 風邪をひいたようなので、今日は軽めの練習&ロードワーク中止。妙に涼しくなってきたので、体調管理には一段と気をつけないと。


☆7月1日(金) 疲労 
 疲れてる。足に力が入らない。それだけ。

 プレゼント応募の締めきりは今日までですよ!

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月30日(木) 減量こぼれ話 
 減量が進み脂肪を削ぎ落としていくと、体感温度が低くなる。だから今、大変暑いけど、周りの人々はもっと辛い思いをしているんじゃないかな。

 ただ、逆に社内に閉じこもっていると、オレの方が辛い。みんな冷房をガンガンにきかすのよ。

 こっちは体の芯まで凍てつくようで、平気な顔して仕事してる人らが異常に見えてくるぜ、ホント。たまらず冷房切ってもしばらくして、誰かが「暑い! 誰だ、エアコン切ったの」なんてぬかしながら、再びオレをアイスクライマーに引き戻す。

 たまらんよ。腹減って、寒さに凍えて。ひもじいなあ。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月28日(火) 暑苦しい 
 野島伸司脚本のドラマ『あいくるしい』が終了した。劇中、主演の一人である市原隼人が、元プロボクサーの萩原聖人にボクシングを教わる。市原隼人の「生きてる実感が欲しい!」という動機にオレはすごく共感を覚えて楽しみに見ていたが、結局、ボクシングが非常にあいまいで尻すぼみなまま、ドラマが終わってしまう。残念。野島伸司にはボクシングに対する“愛”が感じられなかった。

 萩原聖人さんといえばその昔、西荻窪ではなくまだ所在が吉祥寺にあった頃の、輪島功一さんのジムに通っていた。吉祥寺を地元にする先輩から話を聞くが、ずいぶんとギラついた目をした若者だったらしい。ちなみに萩原聖人さんは大好きな役者です。いつか一緒に麻雀がぶてると信じてます。そん時は一つよろしく。

 萩原といえばその昔、とある病院で萩原流行を見た。だぶついた腹まわりが今だにこの瞼に焼き付いている。梅雨だというのになんとまあ、暑苦しい毎日である。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月24日(金) はい、注目〜 
 9月22日、同門のSバンタム級1位・福原力也選手が日本タイトルに挑戦することが決定! ベルトを持つは花形ジムの木村章司選手。素晴らしい技巧とセンスを兼ね備え、世界ランクもWBA4位、WBC5位。

 この対決は面白くなりそうだ。王者・木村が19戦18勝7KO1分。挑戦者・福原は18戦16勝13KO1敗1分。年齢は木村が一つ上。両者キャリアは拮抗し、年齢的にも上り坂。木村の“技巧”か、福原の“強打”か。まだまだ探せば見どころはありそうだ。

 おっと言い忘れた。ちなみに福原さんはとてもお顔が端正で、かつ素晴らしい肉体美を誇る。女性必見! ウエキョンさん、9.22ですよ、9.22!!


* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月23日(木) バスケマン! 
 ボクサータイプ、ファイタータイプ、変則タイプ。クラウチングスタイル、アップライトスタイル、デトロイトスタイル…。区分された様々な要素の中から一つ一つを拾い集めていき、重ね合わせると一人のボクサーが出来上がる。

 上記に示したものは、ボクシングに特化したもので、かつ一般的に認知されている区分要素だが、ここでオレはさらに要素を追加する。これはボクシングのみというわけでなく、スポーツ(競技)という大きな枠組みの中で考えうる区分要素だろう。

 それは、身体能力系、センス・技術系、IQ・技術系、体力ガテン系(笑)という区分の仕方だ。面倒臭いから一つ一つ説明はしない!

 今日のスパー相手、ウェルター級6回戦・柴田くんは身体能力系のボクサー。彼の運動ベースはバスケット。高校まで部活に励み、中学時には全国大会にも出場した経験を持つ。

 バスケットのドリブルを思い浮かべてもらえるだろうか? ディフェンスと対峙した時、左右のフェイントを巧みに駆使し、サイドステップを繰り返し、瞬発力で相手を抜き去る。横の変化からの縦への突破。

 柴田もバスケットのベースをいかんなくボクシングに発揮している男だ。奴と対戦した選手は大概、横の変化に戸惑い、抜群の瞬発力から踏み込んでくる突然のパンチにやられる。

 ロイ・ジョーンズJr.という、少し前までパウンド・フォー・パウンド(全階級を通じての最強)の称号を得ていたボクサーがいる。柴田と出会って彼のボクシングを体験していくと、ふとジョーンズに通ずるものがあると思い始めた。やがてその思いがふくらみ始め、2年くらい前?、在米ライター・林壮一さんにメールで尋ねた。「ロイ・ジョーンズって、もしかしたら昔はバスケットの選手じゃありませんでした?」

 答えはこうだ。

「Yes!」

 やっぱりだ。。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月22日(水) 逃走癖 
 3Rに息切れ。疲れてくると、重心を後ろに残したまま逃げの体勢に入ってしまう。せっかくいいタイミングでパンチを入れても、重心が前に移動できてないから威力がない、といつものようにトレーナー。どうりで、相手が止まってくれないわけだ。

 最近は言われることが3つくらいに絞られてきた。この3つがオレが克服しなきゃいけない課題なのよね。オレ、やっぱでき悪いから体に染み込ませるしかないや。

 クセを、頭で理解しただけで治せる奴は天才よ。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月21日(火) 爆撃鬼 
 ウェルター級の傘鬼さんと3Rスパー。傘鬼さんは全KOで全日本新人王に輝き、日本Sライト級1位にまで登りつめたことがある。勝ち星は一つを除いてあとはKO、負ける時もほとんどKO。「傘鬼の試合はKO決着濃厚!」という手のつけられない爆撃鬼である。

 案の定、1Rにガードの上からパンチをもらい、ロープまで吹っ飛ばされる。なんちゅう馬力。こりゃあ、まともにもらいたくねえ。1Rはサイドステップで相手に的を絞らせないことに成功。パンチも良く見える。被弾はほぼゼロ。逆に右ストレートから傘鬼さんをロープに詰める場面もあった。

 2R、傘鬼さんのプレッシャーが強まる。多少の被弾も辞さず、というところか。右腕を顔にべったり張り付けていた。試しにワンツーを放つと、右に左フックを合わせてくる。逆にその左フックに被せる右を打つ。傘鬼さんは前に出ながら待ちの姿勢。一発なら遥かに向こうが上。  ここでオレの手詰まり。こっからは完全に傘鬼さんペース。今思えば、ここで素早くサイドポジションに移り、細かい連打が出れば有効だったかなと。でも今日はできなかった。 …3Rへ

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月19日(日) 週末 誘惑 心の休養 
 日曜は知り合いの芝居を観に代々木上原へ。普通の一軒家に六畳敷の舞台をこさえただけなので、かなり狭い。おかげで目の前で迫力ある演技を堪能できた。実際、ハコの大きさとか、ショーアップの仕方とか、それって二次的なもんだよ。もちろん、たくさんの客をかき集めるなら絶対に必要なことだと思ってるんだけどね。あんまり過度な演出は実像をぼやけさせることにも繋がりますから。

 客を満足させるために広く出回っているような“How to”よりも、なんだか「秘密の隠れ家」的な気分を大切にしたい時って、観に行く主体が好きなればこそ、ある。

 ボクシングにも、「解放」と「閉塞」の二面性が強く出ていて、例えばタイトルマッチは前者であるべきで、オレが好んでいくような新人王予選は断じて後者になる。

 でも、まだまだ「解放」をためらいがちというか、思いきってやれてないのが正直なところ。それはオレたちファンの中にも、「秘密の隠れ家」を大切にしようよっていうのが暗黙のうちにあるからかも知れない。

 「マサト観に行こうよ」って女の子は誘えるけど、「粟生を観に行こうよ」とはちょっと言えない。粟生くん、変な引き合いだしてゴメンなあ。

 でも、オレは粟生くんの試合をマサトと同じか、それより面白いと思ってるから、胸を張って女の子を誘えるはずなんだ。

 構造改革もちろん大事。ビジネスもちろん大事。あとはそれぞれの意識改革。「塵も積もれば山となる」ってね。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月17日(金) 残像 
 昨日はSフェザーのケーゾー君と3Rのスパー。足が最後まで動かず、何度も中に入られてしまった。

 ライト級で新人王戦に出場していた後輩も残念ながら敗れた。その後輩が今回のリングに上がる前の環境というか状況が、オレの時と似ていた。加えて、相手は筋肉質の体型で前評判も高い。なんだか去年の自分を思い出し、少しメランコリックな気分。

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月16日(木) おまたせおまたせ! 
 なんとなんと、プレゼントのお知らせです! こんな超貧乏媒体からの、次いつあるのか見当もつかない、めったにない大盤振る舞いっす!

↓締め切りまでずっとご案内していきます。下記を参照し、フルッて応募すべし!

* * * * * * * * * * * * * * *



※好評?連載「鈴木成章の“なんとなくマニアック”」「編集取材記」で多大なご協力をいただいた 「H's STYLE BOXING GYM(hsbg)」 会長・吉野弘幸さん提供の、直筆サイン入りTシャツ、そして去る5月14日にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「フェリックス・トリニダード vs ロナルド・ウィンキー・ライト」戦の公式プログラムを、抽選で それぞれ1名様 にプレゼントいたします!

 ご希望の品、住所、氏名、年齢、電話番号、そして当サイトへのご意見・ご感想・叱咤・激励・ダジャレ・川柳…等々のメッセージ(必須!)をお書き添えの上、メール にてご応募ください。

 締め切りは2005年7月1日中(メールでのご応募のみとさせていただきます)! 発表は、発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。


☆6月15日(水) 真似したくとも… 
「What time is it ?」

 元WBA/IBF統一Jrウェルター級チャンピオン、アーロン“HAWK”プライヤーは練習の合間、トレーナーやジムメートに向かい、大声でそう問いかけたらしい。全員が返す。

「Hawk time !」

 こうしてプライヤーは自分自身を鼓舞するのだという。かっちょえ〜!

 現在、『ボクシングマガジン』で連載中の、プライヤーのノンフィクションに描かれたエピソードだ。


☆6月14日(火) 夜明けの泪橋 
 徹夜明けの練習を敢行。正味、眠った時間は電車内の1時間半くらい。

 体動かなくて大変だろうな、と思っていたら、ドスコイ! 時間の過ぎるのが分からないくらい集中して練習に打ち込めた。

 でも、間違い無く体には悪いだろうね。


☆6月9日(木) ガード 
 マスやスパーをやるたびに、塚本さんに、

「ガードが低い!」

 って怒られてんよ。意識低すぎだな〜オレ。


☆6月8日(水) 肺鍛練 
 今日はミット打ちはやらず、塚本さんがついてのサンドバッグ打ち。3分間連打2Rがきつかった。元世界チャンプのセレス小林さんは、タイトル戦の前に20分間連打をこなしていた。やっぱり世界チャンプの肺はハンパじゃない。


☆6月7日(火) シミュレーションゲーム 
 本日のコメント 柔軟性↓ 瞬発力↑ ガード↓ コンビネーション→ スタミナ→ イマジネーション→ フットワーク→ 集中力↑ 気合い↑ 状態→ 体重↓↓(笑)

 霜山選手、気合いがのってきました。なかなか良い集中力を見せていますね。ガードがまだまだ低いようです。柔軟性をもう少し身につけたいところでしょう。時折みせる瞬発力の成長は目を見張るものがあります。体重をもう少し落とした方が良いでしょう。状態としてはまずまずのようです。


☆6月6日(月) リングの水母 
 あ〜、また体が固くなってるよ。体っていうのはホントに難しい。ちょっと柔らかくなってきたと思ったら、次の日にはいつも通りカチコチだもんな。体が柔軟な時は練習が楽しいのになあ。黒人とか南米の奴らは運動が楽しいだろうなあ。


☆6月2日(木) 結婚の季節 
 去年あたりから肩凝りがひどい。毎度、右肩のおんなじ位置。

 明日は友人の結婚式。おめでとう!


☆6月1日(水) レーザービーム 
 右ストレートのキレと威力が上がってきてる! 今日も、塚本さんとのミット打ちを見ていたジムメイトの方に、

 「すごい右だね〜。こんなの喰ったら死んじゃうよ」

 なんて世辞を言われたり。世辞とはいえ、嬉しいもんだ。

 自分でも上手く力を抜いて振り抜けてると思う。もっとも、これが試合で出せるかは別問題。これを次の試合までに仕上げていかなければいけない。

 でもモウマンタイ。ろくに筋トレもしないオレでも、ここまで威力がアップできる。ようは力の抜き方と使いどころ。塚本さんはやっぱすげえトレーナーだ。塚本さんの言う通りにしとけばモウマンタイ。



ご意見、ご感想はこちら
トップに戻る