トップ通販案内編集部より
EDITORS report〜編集取材記〜
Web連載掲示板ど忘れ確認用! 資料編MAIL
ボクシングジムLINKボクシング情報LINKその他LINK
■EDITORS report 〜編集取材記〜■

=2005年5月27日(金)=
第62回東日本新人王予選

= 東京・後楽園ホール =

 久しぶりとなったボクシング観戦レポートです。プログラムは、協会の新人王運営委員会が主催する「第62回東日本新人王予選」。新人王予選は、こうした協会側が用意する全カード新人王戦の興行や、各ジム興行に組み込まれたりして、約1年をかけて消化されていきます。例えば、新人王予選にエントリーしている有望な選手を抱えているジムは、その選手の新人王戦を自分の興行カードに入れたりもします。

 全カード新人王戦というのはメインがないから、やはりその分、会場の入りは低調。しかし6〜10回戦のカードがないので、全体の試合数は多くなる。メインがしっかり設定されている興行では大体7、8試合が普通のところ、この日は13試合も組まれていました。

「あまり一試合をダラダラと長く見たくない」「もっとたくさんの色んな選手が見たい」という方にはなかなか良い興行とも言えるでしょう。何より、新人王戦はボクシングが完成されていない者たちのアンバランスな闘い。まだまだ無名で、この先未知数の可能性を秘めているボクサーたちに出会えるのです。

 アマチュアでならした6回戦デビューではない、いわば堀口元気や幕之内一歩、沖田空が現れるのは、新人王しかない。「元気」や「一歩」を読み進めて彼らの成長を追っていくうちに、次第に感情移入していくでしょ? その行程を生で味わえる魅力が、新人王戦にはあるわけですよ!

[ Report& Photo;R. Shimoyama The Future of Boxing JAPAN

* * * * *


華麗なステップで試合を裁くビニー・マーチン氏
 お目当てだったのは、双児の弟・祐次郎とともに昨年の新人王戦を沸せた、Sフライ級の杉田純一郎(ヨネクラ)。連続KOで勝ち進んだものの、準決勝でこれまた好素材、松戸平沼ジムの山口貴士に判定で敗れた。祐次郎もSバンタム級準決勝で敗退し、兄弟は同じ日に涙を飲む。

 あの日の悔しさを胸に、もう一度新人王戦に駒を進めてきた杉田兄弟。純一郎はこの日、京大ボクシング部で20戦以上のキャリアを持つ柴田(ワタナベ)に判定勝ちで2回戦を突破した。


落合のセコンドには葛西裕一トレーナーがつく
 今大会注目のSライト級は5カード。その中でもピックアップしたいのが2試合。まずは、名門帝拳ジムが送り込んできた19才・落合雄治と、昨年のSライト級新人王ベスト4・塩谷(レパード玉熊)の一戦。両者の戦績は、落合が3戦3勝2KO、塩谷が9戦4勝4KO4敗1分。

 落合は、Sライト級では一回りサイズが小さく見えるが、バネのありそうな動き。アップライトの構えから左に回り、ジャブを中心にストレートを打ち込んでいく帝拳スタイル。今まで目にしてきた帝拳スタイルは自分より下の階級だったので、同じSライト級にこんな選手がいるのは新鮮だ。


スピードのある連打でストップ勝ちを呼び込んだ
 1,2Rは完全に落合のペース。塩谷はガードを固めるも、手が出ず印象が悪い。3Rに入り、ようやく攻勢を仕掛ける塩谷の圧力から打ち合いにもつれこむ。勝ち星すべてKOの塩谷の一発に期待したが、打ち際にガードが開いたところをタイミング良く当てられてしまう。まだまだ余力が残っていそうな感じの落合だったが、再三の連打にさらされて早めのレフェリーストップ。

 落合は一発で相手を沈める恐さはないが、ハンドスピードはある。塩谷よりもっとしぶといガチンコファイターとやった時に、自分のペースに持ち込めるか。


中林の強烈な左フック! 日本拳法出身の世界王者・渡辺二郎になれるか?
 続いては、3戦3勝2KOの林(八王子中屋)が3戦2勝2KO1敗の中林敬雄(ヨネクラ)と対戦。実は自分、前々から、中林が日本拳法の学生チャンピオンであるとの情報を入手していた。日本拳法王者がボクシングに転向してどんな試合を見せるのか、興味深い一戦だ。


次戦の対戦相手を偵察。左は米倉健司ヨネクラジム会長
 リングに上がった中林は筋肉質でしっかりとした体つき。無理には打って出ず、距離をとりながら打ち合うに持ち込むタイプだ。打撃はフック系が中心で、拳法の直突きのようなストレートはあまり見られなかった。パンチに力があり、打ち合いから林を2度ダウンさせて、1RTKO勝利。戦績を4戦3勝3KO1敗とし、2回戦進出。

* * * * *

 今後、運営委員会が主催する東日本新人王の興行予定は以下のようになっています。

6月1、14、16日
7月13、26日
8月5、18日
9月27、28日/準決勝
11月3日/東日本決勝戦
12月18日/全日本決勝戦

◆◇◆チケットお問合せ◆◇◆

後楽園ホール 03-5800-9999 チケットぴあ 0570-02-9999
東日本ボクシング協会 03-3812-5588 ローソンチケット 0570-000-403

 

[2005.5.31 記]



ご意見、ご感想はこちら
トップに戻る