トップ通販案内編集部より
EDITORS report〜編集取材記〜
Web連載掲示板ど忘れ確認用! 資料編MAIL
ボクシングジムLINKボクシング情報LINKその他LINK
■EDITORS report 〜編集取材記〜■

=2004年10月21日(木)=
決戦前! 鳥海純ロングインタビュー[後編]

= 東京・ワタナベジム =

30日(土)の長谷川穂積戦まで10日をきり、臨戦態勢万全の
鳥海選手と宮田トレーナーに直撃してきました!
(長い時間すんませんでした、感謝です!)

* * * * *

 本誌特派:霜山綾司(C級ボクサー),井上博雅---
[ Photo & Interview;Ryoji Shimoyama/Hiromasa Inoue The Future of Boxing JAPAN

[前編]

* * * * *

他カードの予想!

−−スピード勝負してみたいとか思わないですか?

鳥海 あぁ。それは思うけど、まあかなわないでしょ(笑)。単純なハンドスピード、ジャブ一本にしても左ストレートにしても、せーのドン!で打ったら絶対僕の方が遅いに決まってる。だからまあ、そういうところもみんな期待してるんだろうけど、そういうところでは向こうの方が速いよ。速いよね、ホント! 僕は、速いって言われてもハンドスピードは決して速い方だとは思わないし、自分では。僕は、何が速いんだろうね?

宮田 まあ、コンビネーションの組み立てが速いんでしょ。同じ速いでも内容が違うんだよね。長谷川くんは全体的なコンビネーションの速さはないし。単発的に瞬間的に速さはあるんだろうけど…。

鳥海 それは上手いですよね。

宮田 あれは動物的だよね。あれは完全に見てないと思うんだよね。

鳥海 しみついてる。

宮田 すごいよね。体が自然に出てる動きだよね。やろうと思ってやってるんじゃなくて、もう半分見てなくても、無意識じゃないかな、あれは。だから強いんだと思う。

−−そのへんの動きというのはもう生まれつきですか? 練習では養えない?

鳥海 いやもう、クセなんじゃないかな。こう、例えば微妙なところで、頭をこの位置に持っていったらパンチをくわないとか、左を打ったあとにこう抜ければパンチをもらいにくいとか、そういうのを体でわかっちゃってるから、どうしてもそういう動きになる。ただ、左と左となったら、それは…

−−そうはいかないぞ、と。

鳥海 いかないんじゃないかなあって思いますね。いかないぞまでは言えない、か?(笑)。

宮田 どういう展開になるか読めないけど、うちはもう1ラウンドから攻めるっていうか、追いかけないとね。挑戦者だから、やっぱり追って追っていかないと。まあ追うっていっても別に大振りするわけじゃないけどね。空振りするボクシングじゃないから。

鳥海 あとはその…ボクシング界全体のことも考えてね。僕が一番最初の試合だから、まあ、けっこうその日の流れってやっぱり、最初の試合でだんだん決まっていっちゃうっていうところがあるから。そこでね、盛り上がる試合をすれば、後の人たちも盛り上がる試合をして、ボクシング界全体が温まる、盛り上がっていく感じになればいいなあ。

宮田 メインの前のトリプルは、3つともみんな面白い試合だよね。新井田くんには悪いけど、前の三つの方が盛り上がるんじゃないかなぁ(笑)。

鳥海 みんな読めない試合だよね。

−−お二人に他の2つのカードの予想なんかを。

鳥海&宮田 うーん…

鳥海 難しいよね! 難しいと思う、すっごい難しいと思うんだけど…

宮田 オレはね、木村対仲里は、仲里くんのパンチが木村くんを捕まえるんじゃないかなと思うな。木村くんも上手いかもしれないけど、まあ、前半はなかなか捕まらないと思うけど、後半捕まえて仲里くんが勝つと思う。

−−中盤から後半にかけてKO決着?

宮田 うん、KO決着だろうね。もう一つの西岡対中島は…西岡くんは上手いけど、中島くんも勢いがあるからね。途中で西岡が捕まっちゃう可能性もあるかな。中島くんは上手くはないけど頑張って後半チャンスをつかむ方だから、西岡くんは根負けするかも知れない。

−−こっちもじゃあKO?

宮田 うーん、判定でも中島くんじゃないかなって気がするね。

鳥海 へえー!(驚)

−−違う予想ですか?

鳥海 うーん…。中島選手に関しては、自分とおんなじような苦労して、段々上がってきてチャンピオンになって、強い相手とやって防衛してっていうのがあるから、ホントすごい頑張って欲しい。西岡選手にしてみれば、ずっとトップで引っ張ってきて、ウィラポンに4回チャレンジしたけど獲れなくて、で階級上げてまだ頑張るんだっていう…やっぱり頑張って欲しいし。なんかもう結果予想っていうか、願う部分の方が強いから、どうなんだうな(笑)。

−−西岡選手はバンタムから上げましたけど、それまで同じクラスでどうでした? 

鳥海 いや、僕は今までSバンタムでやってて、落としたんで。バンタムでもちょっとダブる時期はあったけども、まあ、僕は日本ランキング、向こうは世界ランキングだから、全然…。

鳥海 仲里対木村はもう、仲里さんには勝って欲しい、勝って世界チャンピオンになって欲しいけど、木村くんにも、このまま負けないで世界挑戦に行って欲しい。

宮田 仲里とはグローブ合わせてるからなぁ。

仲里の強打を受けた経験

−−仲里選手のパンチは今まで感じたことのないパンチ?

鳥海 すごいよ、ホントにすごいんだから(笑)! 僕がよく言うのは、中身の入ったビールの大ジョッキで殴られたような感覚です。

−−固くて痛い?

鳥海 そう。

宮田 たしかにパンチ、重いと感じるのはすごいわかるよ。痛いというよりオレは重いと見えたんだけど。オレも現役の頃、一階級上のライト級で初めてやったとき、やっぱり相手のパンチすごかったね。オレ4回倒されたけど、やっぱり重かったよね。自分のベストウエートって大事だと思ったね。上げるよりは下げる方がまだいいと思う。

鳥海 でも下げると、耐久力が弱くなるってよく聞くよね。ベストのウェートって、あるんだろうね。

宮田 まあしかし仲里のあのパンチ、スゴかったよな。


 
鳥海 あれがあったから耐えられたって試合もあったしね。

−−ラリオスも折られましたよね。

鳥海 うん。それでも獲れないことあるんだね、世界って。

−−アメリカとかメキシコとかの選手って50戦60戦って当たり前じゃないですか。でも日本人選手の場合、やれて30戦とか。その耐久力というか、長くやれる、やれないの違いってどこにあると思いますか?

鳥海 世界ランキングに入ってる人でも、6回戦や8回戦やったりっていう記事が載ったりしているのを見ると、そういうところにあるんじゃないかなって思いますよ。日本の選手だと10回戦しかやんないじゃないですか。そうなってくると、それだけの準備もあるし、10ラウンド戦ったらそれだけのダメージも負うから、試合間隔も空けなきゃならないだろうし。

−−とにかく試合をすることに重きをおいている?

鳥海 6回戦だろうが8回戦だろうが、コンスタントにやっているから、それだけできるんじゃないかなあと思います。トレーニング方法とかもあるんだろうけど…日本の場合は10回戦を戦うための準備の段階でダメージは負うから、そういう作業段階でダメージをためない練習をしてるんじゃないかな。パンチ喰ったら止めるとかね。日本の場合は続けちゃうから(笑)。

宮田 日本は根性、根性! でここまできてるから、それが出てるんじゃないかな。案外それが長持ちするかしないかの理由かもね。

鳥海 そういう話をちらっと聞いた事があります。ダメージを残さない練習方法、スパーももうマスの延長上みたいな。やっぱり根本的なものが違うよね。日本では太く短くみたいな世界で、向こうだとやっぱり選手生命が長い分、練習の段階で、まだまだできるってムリをしない。「根性論」とかっていうものもない。それは環境だよね。

−−40なったってやるのもいるし。

鳥海 だよねー。

痛まないうちに、もっと上へ・・・

−−ふだん、自分に直接関係ない人の試合とかも見ますか? WOWOWとかでいろんなとこの試合が放送されてますけど。

鳥海 あんまり見ません。

宮田 もっと研究熱心って思うかも知れないけど、そんなに神経質じゃないんだよね、ボクシングに対して。本人から見れば普通のことをやっているだけなんだけど。

鳥海 周りが…会長にしても宮田さんにしても、「鳥海は研究熱心で自分でよく考えてやってるから」って言うけど、そんな大したことは考えてないんです(笑)。

宮田 ボクシングに対する姿勢が真面目なんだよね。本人は普通にやっているだけなんだけどね。ホントにマイペースでやっているからこんなに長くやれてるんだろうね。会長も言ってたけど、アマチュア上がりでこんなに長続きするのも珍しいなって(笑)。普通、ぱっとやってぱっと終わるんだけどね。ホント遅咲きだよね。

−−もうすぐ30歳ですか?

鳥海 30になりました。

−−よく聞かれるかもしらんですが、何か年齢を感じるようなことってありますか?

鳥海 うーん、衰えてきたっていうのはないけども、体を気にするようにはなったかな。たとえばストレッチの時間が長くなったり、サプリメントをとったりだとか。

宮田 よくこういうインタビューなんかでも「いやーもう年だから体が痛まないうちに」とか言ってるけど、海外なんて30どころか40歳なんてのもザラだもんね。

鳥海 だからこそ、痛まないうちにやりたい! いつ痛むか分からない。明日できなくなるかもしれないんだから…。

−−これから大一番を迎える選手にこんなことを言うのは失礼なんですけど、“引き際の美学”みたいなものは自分なりにあるんですか?

鳥海 ありますね。ただ、今回に関してはもちろん、勝つ事を大前提に考えてますけども、負け即引退っていうことにはならないと思います。今回に限っては。だからこんどの長谷川戦は自分をはかる大切な試合だし、そこが終わりじゃないっていうのは…そこにタイトルがかかってないからかな。やっぱりタイトルにこだわりたいんです。世界じゃなくても、東洋でも日本でも。だから今回のはただの大きな試合…かなぁ。

−−負けてしまうと、ほんの一時でもやめちゃおうかなっていう気持ちになる瞬間ってあるもんですか?

鳥海 う〜ん…、ありました、そういう時も。負けてそう思った試合、あります。

−−負けという現実を突きつけられて、たとえ一瞬でも限界を感じることがあったとか?

鳥海 ありました。一番最初に負けた試合がそうでした。タイトルマッチで負けたとき。しかも、最初にダウンとっておきながら逆転で。まあ今考えると甘かっただけなんですけどね。

宮田 まだ全然ボクシングを知らないで、向かっていった試合がああいう結果だったけど。

−−初めてそこでプロの厳しさみたいなのを学んだ?

鳥海 うーん、まあ、そうだね。チャンピオンの壁…?

宮田 決して上手いボクサーじゃなかったんだけど、頑張ってなったチャンピオンでしょ。上手い選手とぶつかっていってそれでなったんだからね。ホント、根性あったよね。

−−じゃあ、今思い返せば、「それじゃあ勝てないよな」って思いますか?

鳥海 そう。甘い甘い。なんかこう、やらせて頂いたタイトルマッチ? …でも、勝てると思ったんだよね、その時は。それも、甘い。いろんなタイミングがあるんだろうけど。

宮田 逆にあそこでタイトル獲れてたら、こんなに長くやってないかもしれないよね。

鳥海 そうだね、絶対やってない。やってない(笑)。

宮田 そういうもんだよ。いろんな過程があるんだよ。

−−でもやっぱりまだやめるのやめとこうって考える何かがあったんですか。

鳥海 まだできるっていう…微妙な言い回しなんだけど。まだできる、今しかできない。そう思うと、もう今頑張らなきゃ、今、今を頑張りたい。この一秒、一秒を頑張りたい。10年、20年経ったらできないんだから。

−−そこにボクシングの魅力が詰まってるのかも知れないですよね。

鳥海 だから、体が元気なうちに、ね(笑)。

「観に行きたいね」

−−あらためて、ズバリ長谷川戦はどういう決着になりますか?

鳥海 僕のカウンターが炸裂して、そこから連打で詰める! で、いいですか(笑)。

−−素晴らしいお答えありがとうございました。

鳥海 でも、あると思うんだよなあ。

宮田 オレもあると思うよ。

−−初回から出ますって言いましたけど、早期決着もあり得る?

鳥海 うん、あり得るんじゃないですかね。まあ、逆も想像できますけどね(笑)。

宮田 始まってみないと分からないよ。でも面白い試合にはなるでしょう。他の試合も面白いけど、特にうちらのは面白い試合になるでしょう。あっちは若いし、勢いもあるから。

鳥海 多分ね、30歳って聞いて「おっさんじゃんか」みたいなところって、どこかにあると思う。僕のデビュー戦の相手がもう30とかそれぐらいの年の選手だったんですけど、そう思いましたから。とんでもない洗礼をうけましたけど(笑)。

宮田 相手にそういう気の緩みがあるんじゃないか。あっちは勝って当たり前のつもりでいるから。

一同 楽しみですねー。

鳥海 ホント観に行きたいよねー(笑)。 

−−自分がやるんじゃなくて観たい?

鳥海 観たい観たい。自分の試合も観に行きたいくらい、楽しみです(笑)。

<おわり>

[2004.10.25 記]

* * * * *

協力;ワタナベボクシングジム
special thanks;Watanabe Boxing Gym



ご意見、ご感想はこちら
トップに戻る